「駅から15分も歩く自宅サロンになんて、来てくれないよね」
「来店しにくい分、安くしないと無理だよね」

そんな風に諦めてはいませんか?

立地が良いサロンというと、駅から近い、商業施設の中や近くにある、そういったサロンでしょう。

では、立地の悪いサロンはどうしたら良いのでしょうか。お客様はなかなか来てくださらないのでしょうか。

そんなことはありません。立地でお客様がご来店くださるわけではないのです。

「価値のあるサービスを必要とするお客様に提供する」ことが大事なのであって、立地は二の次です。

では、立地を関係なくお客様が来てくださるサロンになる方法をお話ししていきますね。

1・あなたのサロン独自のサービスがある

私のプライベートサロンは、駅から徒歩12分かかります。そしてコインパーキングも徒歩5分くらいかかります。立地としては、悪いほうなのでしょうね。

ですが、半数以上のお客様は徒歩圏内ではなく、中には1時間かけて通ってきてくださっている方が何人もいらっしゃいます。

これはどうしてだと思いますか?

お客様がおっしゃるのは「加藤さんではないと、ここまでやってもらえない」「加藤さんのところでネイルをすると、他ではできない」。

では、私のサロンと他のサロンの何が違うのでしょうか。

それは独自の施術方法で、「傷んだお爪を元に戻すことができる」「他のお店で2週間持たなくても、1ヶ月持たせることができる」この2つです。

これを必要としているお客様は、私のサロン以外に行くという選択肢がありません。

あなたのサロンにしかない商品、サービスはありますか?他と比べられない、オンリーワンが必ず必要となってきます。

比べられる状態でいると、いつのまにか価格競争に巻き込まれ、資金力のない個人店はオーナーが忙しいのに利益がない状態へ陥り、疲弊し、最悪は閉店へと追い込まれます。

あなたのサロン独自のサービスをぜひ見つけてください。

 

2・どんな人が施術をしてくれるのかが見える

お客様にとって、どんな人が施術をしてくれるのかはとても重要なことです。ましてや、はじめて来店するプライベートサロンでしたら、見えないことが多く敷居が高いのも無理はありません。

だからこそ、あなたは何者なのか、どんな顔でどんな雰囲気なのか、何を考えているのかといった「人となり」を発信していかなくてはなりません。

その方法はいろいろありますが、メールマガジンの配信、SNSやブログを使うことが良いでしょう。

例えばFacebookの個人ページであなたの考え方を発信し、Facebookページでサロンからの情報発信をすることを連動させて拡散することができます。

ブログに有益な情報を書くことで、「こんなに良い情報を惜しげなく教えてくれるんだ!」とファンになっていただけます。

インターネットが発達したことにより、立地だけで集客できるわけではなくなり、立地が悪くても集客できるという昔とは全く違った時代になったのです。

 

3・お客様から忘れられない工夫をしている

初来店のお客様が、なかなか2回目に来てくださらない。数回で来なくなってしまった。

あなたはどう思いますか?

「私の施術が嫌なのかな」
「満足してもらえなかったのかな」
「ほかのサロンのほうが良いのかな」

そんなネガティブな感情が出てしまうことがあります。

ですが、お客様が来店しなくなる一番の理由は「忘れていた」なのです。

あなたにも覚えがありませんか?良かったお店にまた行こうと思っていたけれど、しばらく行っていないということ。

その理由はおそらく、そのお店のことを忘れていたのではないでしょうか。

お客様は日々忙しく暮らしています。その中であなたのサロンを思い出すことが、何回あるのでしょうか。

その「忘れられている」から「思い出してもらう」ことをしなくてはなりません。

お礼状を書いたり、サロン通信をお送りしたり、メールマガジンを発行したりと、お客様と接点を持つことで思い出してもらう方法はいくらでもありますね。

まとめ

立地が悪いサロンでお客様にご来店いただくための、3つの方法をお話ししてきました。

あなたが立地を理由にお客様が来てくださらないと感じているのでしたら、この3つをぜひ意識してみてください。

まだまだできるとはたくさんあるはずですよ。

 

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう