独立開業をするきっかけは、ひとそれぞれだと思います。

・サロン勤務もしたし、もうそろそろ自分で仕事がしたい
・子どもが小さいから、雇われるより自分で時間を決めて働きたい
・もっとやりがいが欲しい

いろいろな思いがあっての開業だと思います。

独立開業にもいろいろ方法がありますが、その中でも一番リスクが少ないのが自宅サロン。固定費がかからないのが魅力です。

では、実際に自宅サロンをオープンするために必要な7ステップをお話ししていきます。

1・ターゲットを決める

まずはじめに考えなくてはいけないことは、あなたがどのようなお客様にご来店いただきたいのかということです。

若い人から年配の方まで、どんな人にもご来店いただきたいと考えていても、そのように広い層をカバーできるサロンを作ることは難しいものです。

大手ですら、ターゲットを絞った打ち出し方をしています。個人店なら、さらに絞り込みをしてニッチ市場を狙うくらいでちょうど良いのです。

では、どのように絞り込むのか。

まずあなたが「一番来てもらいたい、理想的なお客様」をひとり決めます。このひとりの人物をペルソナといいます。

履歴書を思い出してください。名前から生年月日、趣味や特技。さまざまな項目がありますが、まさにそれを埋めるように決めていくのです。

そしてその理想的なお客様の、悩みや欲をできるだけたくさん書き出してください。

そうすることで何ができるのか。

そのお客様が何を思い、何を必要とし、何にお金を払いたがっているのか。それをありありと想像することができます。

そして抱いている悩みや欲を解決し満たしてあげるためには、自分は何ができるのか。そこから全てがはじまります。

ひとりのお客様を満足させられないのに、大勢のお客様を満足させられることはありません。

この「自分がお役に立てることは何なのか」をまず一番最初に考えることが、自宅サロン開業の大きな一歩となります。

 

2・コンセプトを決める

あなたのサロンのターゲットを絞り込みました。だからこそ、コンセプトを決めることができます。

あなたの理想とするお客様が必要とするサロンは、どのような思いを持ったサロンでしょうか。

まず考えるべきことは、そのお客様の悩みと欲を理解することです。

「爪が傷んでいて、家事をするにも大変。もっと指先を気にせずに生活したい。」

そう思うお客様の悩みを解決できるコンセプトは何か。お爪を保護しながらジェルネイルを楽しんでいただくことで、普段の生活の煩わしさから解放されます。

さらにこのお客様にはその先があります。指先を気にしなくなることでどうなりたいのか。

そこまで考えていかなくてはなりません。

爪が傷んでいるから家事をするのが大変だけではなく、家事をすることで爪がまた傷んでしまう。

その傷んだ爪と指先で、生活感溢れる自分が嫌で仕方がない。もっと女性としての魅力を取り戻していきたい。それが望む未来だったとしたら。

お爪を保護するジェルネイルで、家事も楽しみましょうというコンセプトでは選んでもらえません。

お客様の本当に望む未来を見せてあげてください。悩みの先にある、求めている未来をしっかりと把握してください。

お客様は、ネイル施術にお金を払うのではありません。その先にある未来にお金を払うのです。

 

3・メニューを決める

メニューを考えるときに大切なのは、いかにシンプルであるか。

行動心理学に「決定回避の法則」という、「選択肢が増えれば増えるほど、人は行動を起こせなくなる」という考え方があります。

ネイルにはベースとなるデザインがありますよね。クリア、ラメグラデーション、カラーグラデーション、ワンカラー、フレンチ。それに加えてアートやラメライン・・・と、本当にたくさんあります。

ですから、親切なのは軸となるコースメニューを作ることでしょう。今月のアートとして打ち出すのも良いですね。

もちろんたくさん作ってしまうとお客様は選べなくなってしまいますから、3つ、松竹梅で考えるのが一番わかりやすいと思います。

そして大切なのは、きちんとコンセプトが反映されているかどうかです。

メニュー全体に反映されているのか、あるメニューに落とし込んでいるのか。そこはサロンの状況やメニュー内容によって変えてみてください。

 

4・価格設定をする

価格設定で大切なことは、近隣やインターネットでなんとなく調べた金額を参考にしてはいけないということです。

基準にするのは、あなたがいくら売り上げが欲しいのかです。

年間売り上げを600万円欲しいとすると、1ヶ月で50万円です。そして月に20日働きたいのなら、1日25000円の売り上げが必要ですね。

1日3人施術にするなら、ひとりあたり約8400円いただく計算になります。

そう考えると、ベーシックなカラーグラデーションやワンカラーで8000円はいただきたいですね。

そのように、あなたがいくら欲しくて何日何人施術をしたいのか、それを基準にして考えてみてください。

 

5・家具類を準備する

自宅サロンですが、できるかぎり家庭の雰囲気がみえないほうが無難です。アットホームという言葉でごまかさないでください。

できれば一部屋をサロン用に使えると良いのですが、そうもいかない場合はリビングなどで施術をすることになります。

その場合はパーテーションなどを利用して、なるべく家庭の雰囲気が見えないように工夫しましょう。

そして忘れがちなのがにおいです。どの家庭にもそれぞれのにおいがありますから、できるだけアロマオイルを使用するなどして、お客様が気にならないようにしましょう。料理のにおいなどは気をつけたほうが良いですね。

そのほかネイルテーブルも準備したほうが良いです。

通常のテーブルよりも狭い45cm幅が主流です。ちょっと値が張るからと代用品を探して50cmにした場合、たった5cmの差で施術のしやすさが全く変わってきます。

お客様の手を取って長時間施術をしますから、ネイリストにとってもお客様にとっても一番楽な45cmを選んでください。

 

6・商材を用意する

商材も今はたくさん出ていますから、どれを選べば良いのか悩むところです。

基本的に自分が納得する、好きなメーカーで良いと思います。

ただ、あなたが使える材料費は施術料金の10%以内だと考えてください。ジェルだけではありません。パーツやラメ類などもそれに含まれます。

使いたい商材が高額で10%におさまらないようでしたら、ジェルメーカーを変えるか単価を上げるしかありません。

趣味ではありませんから、利益を考えて商材を選んでください。

 

7・認知してもらうための宣伝をする

せっかくお客様が喜んでくださるサロンを作っても、それが認知されていなかったら無いのと同じです。

オープンする前から宣伝することが大切です。地域ビジネスとなる自宅サロンでしたら、一般的にチラシをポスティングしたり、新聞などに折り込んだりすることからはじめてみてください。

特に徒歩圏内である半径500m以内の「自分のターゲットとなるお客様」にそのチラシが届くような方法を考えてみる必要があります。

チラシの作り方については独立開業するときに最初のお客様を獲得したチラシの5つの秘密をご覧ください。

そのほかにも、すぐに結果がでないブログを早めにはじめておくことも大切です。

 

これらを準備してやっとオープンできると考えてください。準備期間が長すぎても短すぎてもいけませんが、3ヶ月〜半年もあれば大丈夫でしょう。

ぜひこの7ステップを活用して、開業日からお客様施術ができるような準備をしてください。

 

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう