サロンのメニューやサービスを考えるときに大切なことがあります。

お客様のためと思っていても、自分視点で考えてはいませんか?

お客様の視点にたって考えることで、お客様から「ぜひあなたにお願いしたい」とおっしゃっていただけるメニューやサービスを作ることができます。

9つの考えるポイントをお伝えしていきますね。

1・誰に何を売るのか

自分は誰に何を売ろうと思っていますか?

誰とは、もちろんお客様です。ですが、その対象となるお客様がはっきりしていないと、何を売るのかを考え出すことはできません。

誰である「たった一人の、あな他の理想的なお客様(ペルソナ)」をまずは明確にしましょう。そのペルソナが何を求めているのかを考えていきます。

そして、そのお客様お頭の中にある言葉で表現することが大切になります。

2・あなたではないとダメでしょうか

あなたが考えるメニューは、あなたではないとダメなものですか?他の誰かでも良いものは、あなた独自のサービスではありません。

そうはいっても、独自なものなんてないと思うかもしれません。

あなたの技術や知識、経験。それらを洗い出してみてください。

そしてそれを掛け合わせることで、あなた独自のものが生まれます。

3・証拠を出しましょう

あなたの発信する言葉には、証拠がありますか?想像や憶測だけでは信頼をしていただけません。

例えば、お客様の声もそれに入ります。

もしオープン前でお客様の声がないようでしたら、モニターを募って声をいただくことも考えてみてくださいね。

4・あなたのアイデアはすでに世の中にあるはずだからこそ

思い浮かんがアイデアは、世の中ではじめてとは考えにくいです。すでに他の人が出しているアイデアのことが多いでしょう。

だからこそ、それをあなたというフィルターを通してどう伝えるのかが重要となります。

もし「こんなこと、当たり前すぎていう必要があるのかな」と思うようなことでも、それを誰も言っていないからあなたが言うのです。

大切なのはアイデアそのものではなく、あなたなのです。

5・お客様はどんな未来を得ることができますか?

お客様は、あなたのメニューを受けたいのではありません。その先にある未来を得るためにご来店くださいます。

ネイルで爪を綺麗にしたのではありません。綺麗になることで、何を得たいのでしょうか。

お客様が得られる未来は、お客様の悩みや欲に沿ったものであり、具体的に表現しましょう。

それを読んだときに、お客様が自分の未来が想像できるようにすることが大切です。

6・お客様の本音はどこでしょう

お客様にヒアリングをしたり、アンケートを取ったりすることがあると思います。

ですが、それはだいたいが表面上のものです。

お客様は本音をおっしゃってはくれません。そして、お客様自身も本音が何なのかがわかっていないことも多いのです。

表面的な言葉だけではなく、その奥にある悩みや欲求を引き出すこと、みつけてあげることが出来たときに、あなたのサービスは必要とされるのです。

7・オファーを強くしてみましょう

あなたのサービスの独自性が弱い、ウリがないなと感じたときは、オファー(新規客客を獲得するための仕掛け)を強くするという考え方があります。

例えば、満足できない場合は返金します、初回は半額ですなどが考えられますね。

そうすることで、オファーそのものがウリとなります。

まとめ

メニューやサービスを考えるときに大切なことは、お客様がわかりやすく買いやすいものであることが大切です。

そして何より、お客様が得られるベネフィット(商品やサービスから得られる良い未来)が明確であることが大前提です。

メリット(商品やサービスそのものの特徴)を伝えるのではないということを、忘れないでくださいね。

 

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう