こちらの記事はWordPressを使って投稿していますが、その中に目次が載っています。

目次を入れることで、記事の内容がそこでわかりますから、さらに記事が読みやすくなります。

投稿や固定ページの記事を書くと、自動的に目次が生成される「Table of Contents Plus」というプラグインを使っていますので、インストールから設定方法をお伝えします。

1・インストール方法

管理画面から「Table of Contents Plus」を検索してインストールをします。

・管理画面 > プラグイン > 新規追加 > Table of Contents Plusで検索 >インストール > 有効化

それができない場合は、「WordPress.org」 からダウンロードし、アップロードしてインストールして下さい。

WordPress.orgにアクセスしてダウンロード

注意する点が2つあります。記事にh1からh6までのHTMLタグがあること、そして見出し用のHTMLタグが階層的に書いてるあることです。

このふたつがないと、目次は自動生成されませんのでご注意ください。

逆に言うと、SEOで大切になってくる見出しタグが階層的になっているかのチェックとしても使えます。

2・設定方法

インストールした後は、設定をしていきます。

・管理画面 > 設定 > Table of Contents Plusの設定

下記の画像と同じようにチェックを入れたり、文字を記入してみてください。

管理画面

管理画面1

終わったら、画面左下にある更新ボタンを押します。

このほかにも、上級者向けの設定で見出しをどこまで目次に反映させるのかやサイトマップの生成もできるのですが、今回ご紹介したものだけでも十分活用ができます。

3・表示例

目次例

こちらはこの記事の目次ですが、このように、文中に目次が自動的に生成されます。

まとめ

簡単に設定できる「Table of Contents Plus」です。

自動的に目次が生成されるので、手間がかからないのはもちろんですが、見出しタグの打ちミスをチェックすることができるのが、私は一番活用すべき点だと思います。

WordPressをお使いの方は、使ってみる価値のあるプラグインです。

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう