あなたはニュースレターを出したことがありますか?

ニュースレターとは、売り上げを上げるためのツールではありません。お客様との人間関係を育むためのものです。

小さなお店では、ニュースレターなんて出しても仕方ないんじゃないか・・・と思われるかもしれません。

ですが、小さなお店こそニュースレターを使って、お客様との関係を密にしていきくべきでしょう。

その効果として「リピート率があがる」「紹介が増える」ことが期待できます。

では、どのような考え方や作り方をすれば良いのかをお伝えしていきますね。

なぜニュースレターを送るのでしょうか

ニュースレターを送る最大の理由は「お客様に思い出していただく」ことです。

自分は当事者ですから自分のことやお店のことをいつも考えています。

ですが、お客様はそうではありません。1日の中であなたやあなたのお店のことを思い出すことはあるのでしょうか。ほとんどないですよね。

お客様が再来してくださらない原因は、ほとんどが「お店を忘れていた」「なんとなく」です。

あなたも思い当たりませんか?すごく良いお店だからまた行ってみようと思いつつ、忘れているお店。

だからこそ、思い出していただくことが大切なのです。

どのくらいの頻度で何を出せば良いのでしょう

目安としては1ヶ月に1回です。

内容としては、あなたの人となりがわかったり、専門的な知識でお客様に知ってほしいことなどが良いでしょう。

私が出しているサイズはA4用紙を横にして、左右と真ん中の三分割にしています。そしてそれを三つ折りにして、封筒に入れて出しています。

書き方は普通に手書きで、写真やイラストを入れて読みやすいようにしています。

あまりごちゃごちゃと文字ばかり並んでいたら、読んでいただけないこともあります。

パッと見て、読んでみようと思われるようなレイアウトを意識してみてください。

ニュースレターで決してやってはいけないこと

ニュースレターは売り込むためのものではありません。お客様との人間関係を育くむためにあります。

ですから、決してやってはいけないことは「ダイレクトメールと混同すること」です。

例えばメニューを書く、キャンペーンを書く、紹介してほしいと書くなど、お客様から見たときに、「なんだ、結局売り込みか」と思われることをしないことです。

もちろん、例外もあります。

例えば繁忙期などで、お客様にどうしてもお伝えしたいキャンペーンがあるときは、年に2回程度でしたら大丈夫でしょう。

ですが、基本はとにかく売り込まないことです。

まとめ

ニュースレターはあくまでご来店いただいているお客様、再来店してくださるお客様との関係を密にしていくことが目的です。

いつまでもご来店くださらないお客様へ、ずっと送る必要はありません。

より良い人間関係を育むと考えたら、いろいろなことに気がつくと思います。

何度も書いて、ぜひお客様との関係性を構築してくださいね。

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう