ネイリストは手に職を持った専門家。そして技術職であり、「職人」だと考えています。

職人=腕一本で仕事をする。そのようなイメージです。

私がいつもネイリストさんにお伝えするのは、商材に頼らない仕事をしてくださいということです。

使っているメーカーの商材がなくなったら仕事にならない、そのようなメーカー頼みではなく、目の前にジェルがあれば、どんなメーカーのものでもちゃんと長持ちさせられる!私は腕一本で稼いでいるんだ!そうあってほしいのです。

メーカーの商材頼みの施術をしない

水仕事が多い人向け、サンディングをしない、長持ちする、いろいろな特徴を持ったジェルがありますね。

基本的に、目的にあったジェルを使うのは当然でしょう。

ですが、そのジェルメーカーがもし倒産してその商材がなくなった時に、同じクオリティの施術ができないのであれば、それは少し違うのではないかと思うのです。

どんなジェルでも一定期間長持ちさせることができると言えなければ、不安で仕方ないと思います。

私も好きなジェルメーカーがあって、そこの商材をよく使っています。ですが、メーカー都合で供給が不安定になり、手に入れることが困難な時期がありました。

その時に、そのメーカーではなくとも、自分の技術でちゃんとした施術ができる自信があれば、何の不安もなく施術をすることができますね。

どんな人も同じようにジェルネイルを持たせる

技術不足で、ご来店くださるお客様のクオリティがバラバラ。長持ちする人もいれば、そうではない人もいる。

それをどうにかしたくて、ありとあらゆるジェルメーカーを試してみる。そしてこれというものを導入したけれど、やっぱりクオリティにばらつきがある。

そのようにおっしゃるネイリストさんも、以外と多いです。

これもやはり、ジェルメーカー頼みだからでしょう。

ネイリストは技術職であり、職人なんです。

どんなお客様にでも、爪を傷めないで、ちゃんと一定期間長持ちさせることができる技術がないと、自分に自信が持てなくなってしまうのではないでしょうか。

お客様によってアレンジする

基本的にソフトジェル(溶液で除去できるジェル)を使っていますが、人によってはハードジェル(物理的に除去するジェル)で施術をしています。

そして、ハードジェルもそのままベースとして使う場合と、間にソフトジェルをかませる場合があります。

さらにハードジェルの場合は、同じお客様でも季節によって施術方法を変えることもあります。

そのようにして、変化を読み取って施術をしていく「勘」も必要となってきます。

これは経験がものをいいますので、どんどん施術をして経験を積んでいくと良いですね。

まとめ

商材にふりまわされないでください。

どんなジェルでも、お客様のお爪を傷めずに、ジェルネイルを長持ちさせられる技術を身につけてください。

それがあったら、あなたは怖いものなしです。

一生自分の技術だけで、食べていけます。そのために技術を学んだのではないですか?

ご自身のネイリストとしてのプライドを、これからも大切にしてくださいね。

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう