ジェルネイルを仕上げた後にかならずすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャッチ画像

ジェルネイルは、拭き取り不要のトップジェル以外は、最後に残った未硬化ジェルを拭き取ります。

その後、仕上げたお爪の先端にスポンンジバッファーを通していますか?

両サイドはエメリーボードを通していても、先端は何もしていないネイリストさんもいらっしゃいます。

最後の仕上げが見た目やお客様の生活に影響しますので、ぜひ実践してみてください。

まずは両サイドにファイルを通す

ジェルネイルを仕上げた後、ストレスポイントから爪先までそっとファイルを通します。これをするのとしないのでは、見た目に大きな差が出ます。

ですが、その時ジェルネイルの両サイドが皮膚にくっついている場合があります。

その場合は、無理にファイル(エメリーボード)を入れ込むのではなく、まずはそっとジェルと皮膚を剥がしてください。

多少でしたらすぐに剥がれますが、万が一ジェルが流れて大量に付着していた場合は、慎重に行う必要があります。

ウッドスティックにエタノールを付け、濡れた状態で剥がしたほうが良いです。もしくは、少量のキューティクルオイルをその部分に塗ってからウッドスティックで押すと簡単に剥がれます。

それから、ファイルをストレスポイントから先端に向かって動かし、形を整えます。

この時にはみ出したジェルも削り落としますが、デザインやモチに影響しないように、ジェル表面ではなく爪のサイドの断面を削ります。

もちろんジェルがはみ出さないことが大前提ですから、施述は慎重に行ってください。

スポンジバッファーを先端に通す

最後のひと手間になりますが、爪の先端にスポンジバッファーの180グリッド程度のものをスライドさせて通します。

これを行うことで、爪先のジェルネイルがフラットになり、ストッキングへの引っ掛かりやちょっとした凹凸からの剥がれを防ぐことができます。

そして見た目もすっきりしますので、お客様の満足度が変わります。

この時注意しなくてはならないのは、爪の先端といってもエッジ部分を削らないということです。

せっかっく囲んだエッジを削ってしまうと、ジェルネイルの剥がれの原因となります。

スポンジバッファーを通す部分は、爪の先端ですが、裏側に通します。

裏側の部分はエッジの真下になりますので、多少のサンディングは剥がれにはつながりません。

まとめ

エメリーボードで両端を通す時もスポンジバッファーで爪先端の裏側を通す時も、力を入れないことが肝心です。

不用意に削ってしまうと、逆に見た目もモチも損なわれてしまいます。

やさしくそっと通すことを意識してみたください。

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

価格を安くしなくても、予約いっぱいのネイリストになる秘密

自分は特別なものがないからと、お客様がいっぱいになることを諦めていませんか?

選ばれないネイリストのままだと、価格を下げていく方法でお客様に来ていただくしかなくなります。

あなたがお客様にお願いされないのは、無名なネイリストだからではありません!

 


私が独立開業して安売りせずに1ヶ月で売り上げを上げ、すぐに軌道に乗せることができた訳

見込み客ゼロからどうやってすぐにお客様に来ていただくことができたのか。それは「私を必要としている方に、必要としている情報を、適切な媒体でお伝えしたから」に他なりません。

それを行うことにより、価格ではなく、施術そのものに魅力を感じたお客様にご来店いただいています。

そうなると、お客様は「比較対象するサロンがない」のですから、私のとことにずっと通い続けてくださいます。「あなたに施術してもらいたい!」の状態ですね。

自分がそんな風にお客様に思っていただけるわけない・・・。
まだまだ駆け出しだから、安く施術をしないと不安・・・。

そのように思われますか?その答えはNOです!

ではどうすれば良いの!?

その答えを、メルマガの無料プレゼント(※3月下旬配信予定)で包み隠さずお伝えしいたします。

まずあなたがしなくてはならないこと、それは選ばれる理由をさがすもしくは作ることでしょう。それを私の成功事例をもとに、順を追ってワークをしながらみつけていきます。

一ヶ月後には、あなたに頼みたいとお客様に言われ、次回予約もぜひさせて欲しいと言われるようになれます。

いますぐ無料でメルマガ登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*