自宅でネイルサロンをオープンしようと思った時に、何を使って集客をすれば良いでしょうか。

私はクーポンサイト(紙媒体、WEB)を使うことは、止めたほうが良いとお伝えしています。

個人店には広告費が高すぎることもありますが、それよりももっと大きな理由があります。

載せられる情報量が少ない

店舗と違って、お客様がネイリストの自宅に行って施術をしてもらうというのは、とても緊張するものです。

・どんなネイリストなのか
・どんな雰囲気なのか
・どんなサロンなのか
・どんなメニューがあるのか
・技術力はあるのか
・密室で一対一で大丈夫なのか

たくさんの不安がある中で、すぐに予約をしようとはなかなか思っていただけません。

ですから、たくさんの情報を載せたいところですが、クーポンサイトや情報誌では限られたスペースしかありませんから、すべての不安要素を解消してあげることはできません。

もしそれでもご予約いただいた場合、そのお客様は少ない情報で作り上げたサロンイメージでご来店くださいます。

そのイメージが全く違った場合、やはり次のご予約はいただけないでしょう。

クーポンサイトに求めるのは価格

クーポンサイトですから、そこにお客様が求めるものは価格です。

もちろんそうではなく、良いサロンを探しているお客様もいらっしゃるでしょうけれど、主となるのはクーポンを使っていかに安くネイルをしようかなと考えていらっしゃるお客様です。

私もクーポンサイトの営業の方からお話を聞いたことがありますが、値引率は50%以上にしないとなかなか売れないとおっしゃっていました。

50%以上の割引をして、2回目に正規料金でご予約をしていただくハードルが高いというのは、容易に想像できます。

このハードルを越えられる自信がないのでしたら、常に新規集客をしていかなくてはならない状態になってしまいます。

さらに、半額でクーポンを載せてもその全額がサロンに入るわけではありません。だいたい半分がサイト側の手数料になりますから、実質は75%割引したことになります。

失敗したくないお客様

少ない情報しか載せられないクーポンサイトでは、失敗をしたくないと考えるお客様の不安を拭うことはできません。

口コミサイト、ランキングサイトが人気で、上位商品が売れるのは何故だと思いますか?

「みんなが良いと言っているんだから、きっと良い商品だろう」と安心したいからです。失敗したくないからです。

ネイルサロンを選ぶ場合も、なるべく失敗したくない、嫌な思いをしたくないと考えるのはごく自然なことですね。

そこで情報もない自宅サロンとなると、選んでいただける確率は低くなるでしょう。

まとめ

自宅ネイルサロンは、なおさら情報を開示していかなくてはなりません。

それに適しているのは、一番はブログでしょう。そして私はフェイスブックページも使っています。

たくさんの情報をお伝えできて、なおかつ広告費があまりかからないからです。

ただ、ブログは少し集客できるまでに時間がかかりますから、少しずつでもコツコツと記事を積み重ねていく手間は惜しまないでくださいね。

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう