集客をしようと思った時に、まず第一にしなくてはならないことは、あなたのサロンの存在を知ってもらうことです。

当たり前ですが、知らないのに来店はできませんね。

まず存在を知ってもらって、それから集客を考えなくてはなりません。

では、知ってもらうにはどうしたら良いでしょうか。

自宅サロンはなおさら知られにくい

自宅サロンは、店舗サロンと違ってその存在を知られにくいですね。

自宅サロンを隠れ家サロンと銘打って、隠れ家どころか本当に隠れてしまっていることが多いようです。

そしてブログを書いても、詳しい住所はご予約くださった方にお知らせしますとなると、ますます知られない要因になってしまいます。

看板が意外と効果あり!

私は自宅前にA型看板を置いて、ここにサロンがありますよと知らせてきました。

私の自宅前道路は、抜け道になっているので、ご近所の方だけではなくいろいろな方が通るだろうと思いましたので、その方達にもアピールできるだろうと思ったのです。

最初はなんだか恥ずかしいような気がしましたが、仕事としてやっていくと決めたので躊躇なく置いたことで、その看板を見てご連絡くださることが増えました。

そして、お客様もお友達に私のサロンを紹介すると「あぁ、あそこのサロンね!」と、意外とご存知だったりします。

ある時は、初来店のお客様が近くで迷われていた時に高齢の女性が声をかけてきたようで、ネイルサロンがあると思うのですがと話したら、すぐに私のサロンを教えてくれたそうです。

このように、看板ひとつでも地域の方々にその存在をお伝えすることができます。

看板に書くことはサロン名がメインではありません

私がA型看板という限られたスペースに書いたことは、ネイルサロンの名前がメインではありません。

ここのネイルサロンは、あなたのこんな悩みが解決できるサロンですとはっきり書きました。そして、その下にサロン名と電話番号を書いたのです。

その文字の色も大切で、できるだけ目立つように色分けをして工夫しました。

そして興味がある方により知っていただくために、チラシを置いておくことも大切ですね。

できるだけ情報開示する

セキュリティーの問題もありますから、何でも知らせることに抵抗がある方も多いでしょう。

だからこそ、やったほうが効果があるのです。

ほかの人がやっていることをやっても目立ちませんが、やらないからこそ勇気を出してやってみることが効果的です。

私は顔も住所も電話番号も、結構出しています。

もちろん最初はどうしようかと思ったこともありました。ですが、何度も書きますが仕事なんです。

仕事としてやらなくてはならないのかと考えた時に、答えがイエスだったらやるべきです。

まとめ

今回は看板について書きましたが、存在を知らせることが第一です。ご近所にご挨拶に行くのもひとつでしょう。

今はネットを利用することが効率的ではありますが、リアルでのアピールのほうが意外と効果的なこともあります。特に開業初期はなおさらですから、まだ看板も出していないという方はぜひ出してみてください。

街中に出ているA型看板をいろいろ見てみると、参考になりますよ。

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう