自宅サロンでの価格設定に悩む方が多いですが、価格を決める要素の一つに商材代の割合があると思います。

私は基準のひとつである「施術の1割」を上限としていますが、あなたはどのくらいと考えていますか?

そして1割を上限とした場合、あなたの使っている商材から考えて適正価格でしょうか。

安い価格なのに高価な商材

私の使っているベースジェルは、基本的にカルジェルとバイオジェルです。

この2つのベースを使った場合、クリアネイル(アートのない透明なジェルネイル)はトップジェルの価格にもよりますが、商材代は500円を超えます。

そうなると、クリアネイルを5000円以上の価格設定にしなければなりません。

自宅サロンを開業している方には、クリアネイル3000円など安い価格で行っているのに、商材は同じようにカルジェルやバイオジェルを使っているサロンがあります。

そうなると、経営として考えると商材にお金をかけすぎということになります。

もし3000円で施術をするのでしたら、商材のレベルを下げるか施術代金をあげるかのどちらかになります。

あなたなら、どちらを選びますか?

ほとんどが技術代

ネイルに限らず、美容師もエステティシャンも施術代のほとんどが技術料です。

技術は身につけるまでに多くの時間とお金を費やし、やっと身につけるものです。

その技術を使うからこそ、施術代のほとんどを技術料としていただくことができるのです。

私がもし3000円でクリアネイルの金額設定が間違っていると思ったら、商材を変えずに施術代を上げます。

それはまさに技術を売っているからです。

自分が良いと思った商材と身につけた技術を使い、一番良い状態で施術をさせていただきたい。施術代を上げたとしても、それ以上の価値をご提供できる自信があるからです。

商材に頼らない

一番してはならないのは、技術に自信がないから価格はそのままにして安い商材を使うという選択だと思います。

技術は低い、商材はセルフネイルで使うようなものでは、何のためにお客様はサロンにいらっしゃるのでしょうか。とてもお客様に失礼だと思います。

商材は、あなたの技術をより良いものにしてくれるものであって、技術がその商材の補佐役ではありません。

技術があってこその商材選び、そして価格設定だと思います。

まとめ

技術に自信がないと思うのなら、自信をつけてください。

どうやったら自信がつくのか。それは、たしかな技術を身につけることです。

私は独自のネイル技術は確かだと自負していますから、開業当時から自信を持って施術をすることができました。

あなたがこれこそは自信がある、お客様のお悩みを解消できるという技術があるのなら、変に卑下せずに堂々と自信を持って施術にあたってください。

お客様は、自信のないネイリストには1円でも払いたくはないと思いますよ。

Information


【無料PDFテキストつきメルマガ登録】
これから起業しようと思っている方、起業したばかりの方、
サロン起業に興味のある方のお役に立てますので、
どうぞご登録くださいね。
こちらか無料メルマガに登録する


【3ヶ月で他と比べられないネイリストになるスクール】
お爪を傷めないための独自技術メソッド

起業に必要な5つのプログラム
こちらからカリキュラムを見てみる


にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう