私のサロンでは、フィルイン(ベースのジェルを残してオフをし、その上に新たなジェルネイルを乗せる方法)をするお客様としないお客様がいらっしゃいます。

私が行っている「お爪を傷めずに長持ちするジェルネイル技術」は、毎回ジェルネイルを外して乗せることを行い続けても、自爪が傷む心配はありません。

それでも自爪を傷めにくいと言われるフィルインを施術するお客様がいらっしゃいます。

その理由をお話ししていきます。

ハードジェルを使うお客様

ベースとトップにハードジェルを使うお客様がいらっしゃいます。

強度が欲しい、長さを保ちたいがソフトジェルでは難しい、指先を使うことが多いが艶をた保ちたいなど、ハードジェルが適しているお客様に使っていただいています。

ハードジェルは基本的に削って除去するものですが、定着しているベース部分は残しておきます。

毎回伸びた部分のみサンディングをしますので、爪が傷んでしまう心配がありません。

ただ、ハードジェルはサンディングをしっかりと深めに行いますので、ハードジェルが浮きやすいお客様にはオススメしていません。

アセトンアレルギーのお客様

私もアセトンアレルギーです。

ですので、ベースにソフトジェルを使っていますがフィルインを行っています。

マシンで一気にカラージェルまで削り、ベースが浮いている部分がある場合はそこも除去しています。

同じようにアレルギー体質のお客様でアセトンが心配なお客様には、フィルインで施術をしています。

フィルインというとハードジェルのイメージがあるかもしれませんが、薄づきではないソフトジェルでフィルインを行うことができます。

まとめ

基本的にフィルインをしなくても、当店の技術は爪を傷めずに行えますので、いつも新しいベースジェルを爪に乗せていただきます。

ですが、定着が「良すぎる」お客様にはフィルインをオススメすることもあります。

マシンでジェルネイルを思うように削る技術があれば、お客様にあわせて様々な施術をご提案できますよ。

フィルをしなくても、お客様の爪を傷めないネイル技術を知りたいならこちらを確認してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう