メイド・イン・PRCの表記を目にするようになって久しいですね。

PRCとは中華人民共和国の英文名「People’s Republic of China」の略で、お馴染みのメイド・イン・Chinaと同じ意味。

中国製の商品のイメージがあまり良くないので、 そのように表記するようになったようですが、ネイル用品でもその表記を見かけました。

クリアジェルにPRC表記

先日購入した某ネイル卸会社オリジナルのジェルに、PRC表記がされていました。

商品写真の中央あたりに、メイド・イン・PRCと書かれていますね。

ストーンなどを乗せたりするために使おうと、オンラインショップで購入したのですが、特にどこの国の製造かはサイトに書かれていませんでした。

届いて表記を見たら、メイド・イン・PRC。

でも、まだまだPRC表記はそんなに一般的でもないのかなと思います。

知らなかったら、PRCってなんだろうと思いますよね。

販売会社へのイメージ

私の個人的な意見としては、もっとわかりやすく、一般的に浸透している表記の方が良いなと感じました。

販売者側の意図するところはなんとなくわかるのですが、購入者側にも選ぶ権利があるので、そこで選びにくい情報提示は不親切かなと思います。

今回この表記を見て、顧客側の立場に寄り添っていくスタンスでは無いのかな?とちょっと残念に思いました。

表記ひとつのことですが、そこから企業姿勢を想像してしまいました。

まとめ

見回してみると、時々この表記を目にします。

消費者がわかりやすい、選びやすい書き方をしてくれるとありがたいですね。

そして、消費者側も情報にアンテナを立てていなくてはいけませんね。

良い勉強になりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう