こちらの記事で、高校生の娘のネイルをした話をしました。

バイトの関係であまり長い間ジェルネイルはできないと言われていましたが、結局2週間以上付けていました。

娘は爪噛みの癖があるのですが、ネイルをする前の1ヶ月と、ジェルネイルをしている2週間ちょっと、頑張って噛まずにいてくれたようです。

ジェルネイルは完全オフはせずに、フィルでクリアジェルに変更しました。

通常フィルはハードジェルでしますが、今回はソフトジェルを使っています。

基本的にソフトジェルでのフィルもハードジェルと手順は一緒ですが、ちょっとしたポイントがあります。

マシンオフからフィル後の画像

2週間経った、娘のネイル画像がこちらになります。

 

引っ掛けたようで、右手の人差し指のジェルは取れてしまっていますが、こちらの技術で傷めずに行っているので綺麗な状態です。

娘のジェルをマシンでオフしたのがこちらの写真です。

画像では見えにくいかもしれませんが、ベースだけ残して、あとは浮きを除去し長さを整えた状態です。

そして、その上からまたソフトジェルでベース〜トップまで仕上げました。

トップは、マットコートでつや消しにしています。

通常フィルはハードジェルで行いますが、ソフトジェルでもできます。

その時にいくつかポイントがあります。

1・ベースジェルが薄いことを忘れない

ソフトジェルは、ハードジェルよりも薄付きです。

ですから、ハードジェルのフィルのようにガンガン削って行ったら、知らないうちにベースが削れてしまうことがります。

もうそろそろベースジェルに到達するかな・・・というところで慎重に削っていきましょう。

2・ベースジェルがめくれてしまいがち

ネイルマシンでもウォッシャブルファイルでも、ベースジェルは摩擦でめくれることがあります。

特にジェルの浮きだけを取り除こうとしたのに、どんどん周りが浮いてくるなんてよくあることですね。

特にマシンオフはそれが顕著です。

ですから、
カラージェルのデザイン部分までは早い速度で行いますが、ギリギリまできたら速度を低速に落とします。

そして、そっと撫でるように残ったカラージェルや浮きを取り除き、できるだけめくれないように気をつけてください。

もしめくれてしまったら、慎重にそのめくれた部分だけを取り除くのですが、めくれた方向と同じ方向にマシンやファイルを動かすとさらに状況が悪化しますから、上から撫で付けるようにその部分だけを取り除いでください。

3・ベースジェルを埋めるように塗る

オフした後、残したベースジェルの上から新しいジェルを塗りますが、ハードジェルのオフと同じように段差をきちんと埋めるように塗っていきます。

この時ガタガタしていたら、その上のデザインもガタガタになってとても見栄えが悪くなるので気をつけてください。

私はベースジェルを2度塗りします。

1度目は少量のジェルを擦り付けるように、少し力を入れて塗ります。

この時、浮いたジェルを取り除いた部分の境目には、間に入れ込むようにしっかりと塗布していきます。

そしてその上から、ちょっと多めに取ったベースジェルを流し込むように乗せてから硬化しています。

この1度目を擦り込むことで定着がよくなります。

まとめ

ソフトジェルのフィルの大前提は「あまり浮きがない」ことです。

浮きがひどいのにフィルをすると、残っているジェルも浮きやすい状態なのでやめましょう。

 

フィルをして爪を傷めないこともできますが、通常の施術でも爪を傷めずにジェルネイルをしっかり長持ちさせることができます。しかも、取れやすいお客様こそ来てくださいと自信を持って言えるのがこちらの技術講習です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう