ネイリストさんに技術を教えていると、客観的にその人の技術を見ることができます。

自分では全く気がつかないことが、第三者からはよくわかります。

その中で気がついた事を今日はシェアしますね。

筆の使い方に癖が出る

筆の圧が強すぎるネイリストさんが結構います。

いつも何気なく筆でジェルを塗っているので、意識しないとそれに気がつきません。

筆の圧が強いとどうなるでしょう。

塗っているはずのジェルが最初と最後だけ残って、その途中が塗れていなかったり量が少なくなってしまうことが多々あります。

そうなると、ムラになったり、持ちが悪くなります。

ジェルの持ちが悪いな、グラデーションが上手くできないな、そんな時は、筆の圧が強すぎないかを確認してみてください。

どうすれば良い?

基本的なことになりますが、これも癖になってできていない人がいます。

筆に強い圧をかけないためには、筆を持った時に人差し指を離すか添える程度にすることが大切です。

そうしないと、グッと力が入ってしまいます。

ふんわりと、乗せるように塗っても、ジェルは表面張力で広がってくれますから、大丈夫です。

まとめ

自分の塗り方の癖はなかなか自分では気がつきにくいです。

自分以外のネイリストさんに施術をして、意見をもらうのもとても良い方法だと思います。

ぜひ確認してみてくださいね。

 

自分で研究してみても、ジェルが持たないお客様がいる。
どのお客様もしっかりと、爪を傷めずに長持ちさせることは、リピートしてもらうためにも重要な要素ですよね。
ぜひ4時間の講習を受けて、明日からすぐにお客様に安定した技術を届けてください。
こちらの講習でいつでもお待ちしています^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう