夏になると、お客様にデニムネイルをお勧めすることが多くなります。

一気に夏らしく、そして見た目も手の込んだデザインに見えるので、お客様からも好評です。

手元だけではなく足元にもピッタリのデザインなので、親指にデニムネイル、そのほかは単色塗りなんかも良いですね。

去年は明るめの色合いでデザインを出しました。

 

今年は、ちょっと暗めの色合いにして大人の女性でも楽しめるデザインでご案内しています。

 

デニムネイルの作り方

今回使ったジェルは、こちらの色です。

 

ベースとなる色(画像左下)、それよりも濃い色(画像上)、そして白色(画像右下)を用意します。

まずはベースカラーを2度塗りします。

そのあと、不織布を畳んで小さくし(私はハイぜガーゼを使っています)、白をかすれる程度に取ります。

2度塗りしたベースカラーの上に、それをポンポンと乗せて、硬化します。

この時、均一ではなく濃いところや薄いところを作ると本物らしくなります。

次に画像上の濃いブルーを不織布に取り、白の上に重なるようにポンポンと少し乗せ硬化します。

更にその上からまた白をポンポンと乗せ硬化します。

重ねることによって、奥行きが出ます。

まとめ

ポンポンと乗せるだけなので、重ねても時間はかかりません。

最後に白でステッチを入れたり、ゴールドのスタッズを加えることで一気にデニム感がアップします。

デニムネイルで、お客様に夏を楽しんでいただきましょう^^

 

 

色々なデザインも大切ですけど、基本はジェルネイルが長持ちすることですよね。

何をやっても持たせられないなら、こちらの技術ですぐに解決できます^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう