3〜4週間に1度、ハンドモデルさんに新しいデザインを施術しています。

その季節にお客様へオススメするデザインを先に施術して画像を撮らせてもらい、お客様へ見てもらっています。

今回は、秋色のボーダーにしました

使っている色は3色、ボルドー・グレージュ・ホワイト。

ボーダーの境目には、ゴールドのラメラインを入れています。

ラメラインの太さは、お客様のお好みで変えてみると良いかなと思います。

ストーンは丸い輪で囲み、左右には小さな丸いスタッズを添えています。

ボーダー柄の先端が分厚くならないように

ボーダー柄ですが、以前施術してもらったサロンでは3色全部重ねて塗っていました。

ということは、重なりが一番多くなる先端は6回も色を重ねているということになります。

当たり前ですが、先端がかなり分厚く見栄えの良いものではありませんでした。

時間が多少かかっても、いらない部分のカラージェルはぬぐって、先端だけが厚い状態にならないようにしたいですね。

まとめ

秋になると、ボルドーやグレージュといったようなくすんだ色もよく出ます。

アレンジとして、ボルドーの部分をチョコカラーに変えてフットに施術をしたのですが、とても良い感じでした^^

いくらデザインが綺麗でも、土台がしっかりしていないと意味がありません。

どんなに傷んだ爪でも、しっかりと3週間持たせることができて、爪を健やかに戻していくことができるこちらの技術をぜひ取り入れてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう