秋〜冬になると、温かみのあるネイルデザインが好まれます。

その中でも、定番なのがべっ甲ネイルですね。

 

こちらの記事では、簡単なべっ甲ネイルの作り方をお伝えしていきます。

用意するカラージェルは4種類

べっ甲ネイルで使用するカラージェルは、4種類あります。
・イエロー(シアー)
・オレンジ(シアー)
・こげ茶1
・こげ茶2(1より濃いもの)
※シアーがなければ、カラージェルにクリアジェルを混ぜて使います。割合はだいたいカラー3に対してクリア7です。

 

1・イエローを塗り、硬化させます。

2・その上にクリアジェルを薄く塗り、こげ茶1を乗せます。

 

3・こげ茶をぼかして、硬化させます。

 

4・ぼかしたこげ茶の上に、こげ茶2を乗せて、クリアジェルを少しすくった筆でぼかして硬化します。

5・上から薄くオレンジを塗り硬化させます。

透明のチップに色を乗せたので、出来上がりがべっ甲に見えないかもしれませんが、実際の爪で行うと一番最初の画像のように出来上がります。

わかりやすいように茶色部分を大きく作っていますが、大きめや小さめを混ぜて、より自然なべっ甲に近づくように乗せてください。

 

ポイント

一番最後にオレンジを重ねた後もしオレンジが強いようでした、硬化する前に上から黄色を加えてみてください。

その時、茶色の部分に重なり過ぎるとぼやけますから、筆でその部分だけぬぐって茶色を綺麗にべっ甲らしく出してください。

アレンジ

一番最初の画像では、べっ甲の上に金箔を乗せています。

他にも、上から白で模様を描いたり、フレンチを重ねたりと、色々応用ができます。

まとめ

べっ甲ネイルは、簡単にできて秋〜冬に映えるデザインです。

アレンジもできますから、ぜひお客様に提案してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう