ハードジェルでフィルインをする時に、ネイルマシンでジェルを除去していきます。

その時に気をつけなければならないのは、回転数です。

いつでも一定の速度ではなく、必要に応じて「高速」と「低速」を使い分ける必要があります。

高速を使う場面

ネイルマシンの回転数を高速にして使うのは、トップ〜カラーの除去の場面です。

早く綺麗に除去するためには、高速で行う必要があります。

この時に気をつけることは、力を入れてビットを当てないこと。

これはお客様が熱さを感じてしまうこともそうですが、力を入れることでちょっとした浮きの部分でビットがはねてしまう恐れがあるからです。

ジェルの浮きはマシンを当てることで、その浮きからどんどん定着している部分まで浮かせてしまうことがあります。

そっと優しく当てるだけで削れますから、お客様の指とマシンををしっかり持って動かしていきましょう。

低速を使う場面

高速でジェルを除去した後に、ジェルネイルの縁に残ったカラーや浮きを取り除きます。

その時は、高速ではなく低速で丁寧に行います。

ここで高速にしてしまうと、先ほど書いたようにちょっとした浮きでビットが跳ねて、浮きを助長してしまう可能性があります。

そして、ジェルの縁は皮膚に大変近いので、お客様に怪我をさせないためにもゆっくりと低速で行うと安心です。

まとめ

高速と低速をしっかり使い分けることで、安心安全の施術ができます。

特にマシンを使い始めて間もない場合は、高速ではなく中速でも良いかもしれません。

マシンに操られていると、定着しているジェルまで浮かせてしまい、フィルインどころではなくなります。

自分がコントロールできる速度で行ってくださいね。

 

なぜかジェルネイルを長持ちさせられなくてもがいているネイリストさん、こちらの技術であっという間にその悩みを解決してください。

いつまでも「あのネイリストはジェルがすぐ取れる」と思われていたら、お客様は離れてしまいますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう