お友達にジェルネイルをするときに、価格の基準をどう考えますか?

私は友達にはお金をもらわないと決めてやっていました。

ただし、自宅で本格的に開業してからは、お友達にネイル施術をした事はありません。

それは、お友達に無料で施術をする=練習させていただいている感覚だからです。

それでもお金をいただく考え方を、某質問サイトの質問から考えてみます。

お金がないから行ってやるの感覚

私が読んだ某質問サイトの質問内容はこのような感じでした。

・ネイリスト検定3級しか持っていない友達が、ジェルネイルをしてもらうのに2000円もとる
・友達は材料費で2000円かかると言っているが本当か
・デザイン等の出来栄えは、上手い時と下手な時がある
・私はお金がないので、お店より安いから妥協して行くのに高すぎる
・連絡をしたら値上がりしていて、2500円になっていた
・素人がお金を取るのに、この金額は安いのか高いのか知りたい

このような内容でした。

質問に答えていたネイリスト

それに回答していたネイリストの答えは次のような感じです。

・ネイリスト検定3級なんて誰でも取れる
・ジェルの検定を持っていないのに、私だったらお金なんて取れない
・私の現在のスペック(ネイルサロン勤務、ネイリスト検定1級とジェルネイル検定上級所持)でも、友達ならMAX2000円
・自分が友達に安くて当たり前の態度をとられたときは、わざと高い値段をふっかけたので、その友達もそうしている可能性がある

そのような回答でした。

このやりとりを見て、あなたはどう感じましたか?

お友達価格の基準となるのは仕事が趣味か

この質問の回答をする上でまず知りたいのは、ネイリスト検定3級所持の方が仕事として施術をしているのか、趣味として施術をしているのかです。

最初は趣味で始めたのかもしれませんが、ネイリスト検定3級をとって仕事と考えているかもしれませんよね。

もし趣味でやっているのなら、金額はいくらでも良いと思うんですよ。

きっちりと材料費を計算して、それだけもらうのもよし。

そこにちょっとだけ時給を上乗せするのもよし。

友達と楽しい時間を過ごしたいから、お金は要らないとするのもよし。

そこは友達同士で決めれば良いと思うんですよね。

そうではなく、仕事としてやっていると考えているのなら、そもそもお友達価格はやめた方が良いですね。

だって、この質問者さんの発言内容を読んで、お客様として来てほしいと思いますか?

安いから行っててやっている、クオリティーに満足していない、素人のくせにといった認識です。

お客様としてお迎えする人では無いですし、私だったら友達としても嫌ですね。

それから、ネイリストの回答内容も、独立したネイリストではないので、このような考え方でも仕方ないのかなと思いました。

ネイルサロンに勤務し、検定も所持している自負があるのだと思います。

それでも、お友達に高くても2500円で施術です。

私の基本的な考えとして、友人関係にお金のやりとりを絡めると、いずれ何かしらの不平不満が生まれると思っています。

お互い言いたくても言えない、たった2500円のためにそんな悲しいことになるなら、私は無料でいいです。

もちろん、今の私は仕事として施術をしていますから、お友達であっても通常料金です。

まとめ

趣味でネイルをやっているだけなら、お友達と合意の上で好きにすればいいのかと思います。

高い安いも、基準なんてないと思います。

強いて言えば、材料費を基準にしたら良いのかなと思いますよ。

これから独立開業を目指しているのなら、お金を取らずに練習させてもらっているという、謙虚な気持ちが必要だと思います。

材料費くらいもらいたいなんて、そんなケチな事はやめて、逆に手を貸してもらうのだから、モデル代と交通費を払う位でも良いと思いますよ。

でもお友達ですから、きっとモデル代はいらないから施術してもらうだけで嬉しいよ、そんなふうに言ってくれると思います。

そしてもうすでに独立開業しているなら、友達価格は無しです。

通常料金で来てくれないのなら、それはお客様ではありません。

あなたの技術が好きなのではなく、安いから来ているだけですよね。

それにあなたが何の不満もないのなら、話は別ですが。

ただお友達が別のお友達を紹介してくれたらどうしますか?

「〇〇さんはお友達価格なんだから、私もその金額で良いのかな?」

「〇〇さんは安いのに、紹介してもらった私はどうしてこんなに高いの?」

せっかく紹介をもらっても、技術ではなく値段で判断されてしまいますね。

自分がどういったスタンスでネイル施術をやっているか、もう一度そこをはっきりして考えてみると良いと思います。

他にもネイル施術のお友達価格って何でしょうという記事を書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう