弱酸性のジェルがどうしても浮いてしまう時の対処方法【過去メルマガ2021/12/14】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
昨日のメルマガでは
秋口から
どうしてジェルが
浮きやすくなるのかを
お伝えしました。

では、
弱酸性のジェルが
どうしても
浮いてしまう時は
どのような対応を
すれば良いのでしょうか。

まず、
弱酸性のジェルは
爪の表面に吸着する
定着方法なので

ジェルの塗布量によっても
持ちが変わります。

きちんと
薄すぎず
厚すぎずの
塗布量なのかを
確認したうえで

それでも
持たない場合は

少し酸の入ったジェルを
併用します。

自爪の上に
少し酸の入ったジェルを
薄く塗布して硬化し、

その上に
弱酸性のジェルで
フォルム形成をします。

自爪と
弱酸性のジェルの
繋ぎとして
少し酸の入ったジェルを
挟む感じです。

ここでのポイントは
「少しの酸」であることと、
あとは
「塗布量を少なくする」こと。

塗布量を少なくは、
薄いフィルムくらい
かすれない程度の量です。

この2点を守れば、
酸性のジェルのマイナス点である
「爪組織の中に
入り込んで
定着することによる
爪へのダメージ」を
かなり
軽減することができます。

弱酸性のジェルのメリットを
壊さないで
酸性のジェルのデメリットを
抑える方法、

お試しくださいね^^

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 爪が傷むのはお客様のせい?【過去メルマガ2022/5/21】

  2. 爪にはターンオーバーがないから・・・【過去メルマガ2022/5/20】

  3. 持病で剥離しやすかった私の爪が・・・【過去メルマガ2022/5/16】

  4. 爪の先端が落ちているわし爪さんのジェルの塗り方【過去メルマガ2022/5/9】

  5. お客様が自分でオフできないジェルでいいの?【過去メルマガ2022/5/7】

  6. 爪がどんどん理想的な状態になるんですよ^^【過去メルマガ2022/5/1】

PAGE TOP