なぜ価格を安くしてもお客様が来ないの?

どこの業界も、価格競争が激しくなっていると思います。

ネイル業界も同じで、大手サロンでも激安をうたっているところや、クーポンを出して安く施述をしているところもたくさんありますね。

では、自宅サロンだからと安くしてたくさんの集客ができているのでしょうか。

なぜ安くしても、たくさんのお客様がいらっしゃらないのでしょうか。

安いのが当たり前

これだけ安いサロンが増えていると、お客様も「安いのが当たり前」になっています。

クーポンサイトを見るとよくわかりますが、元の値段なんてあって無いようなもので、常にクーポン集客をしているサロンもあります。

そして大手でさえ安くしている、自宅サロンは内装など店舗サロンより落ちるからさらに安くしないとと思い、低価格にする。

そう思う自宅サロンネイリストが多く、さらに自宅サロン同士で価格競争をしてしまう。

そうなるとお客様も「自宅サロンなんだから、安くて当たり前」と思う方も出てきます。

怒り出した女性

私の自宅サロンに、以前50代くらいの女性が問い合わせにいらっしゃいました。

ご自分の爪のジェルネイルを私に見せて、「これと同じネイルをしてもらうとしたら、おいくら?」と聞かれましたので、お答えしました。

そうすると「あら!◯◯にあるお店でやってもらったら、あなたの言った金額の半分だったわよ!どうしてそんなに高いの!半額くらいでやってもらえないの!?」とおっしゃいました。

私のサロンのコンセプトや施述方法が違うことをご案内しようかと一瞬思いましたが、値段ありきというのが伝わってきました。

こういった方は「私のお客様では無い」ので、丁重にお断りしてお帰りいただきました。

この女性からも、自宅サロンは安くて当たり前だと思い込んでいる方がいらっしゃることを感じました。

安くてもレベルの高さを求めるお客様

例えば、ジェルネイル3000円というお店も珍しくなくなりましたが、同じ3000円のお店でしたら、その中でよりレベルが高いお店・・・接客、技術、商材、雰囲気など・・・をお客様は探します。

これはごく普通の心理だと思います。

そうなると、価格を安くしたら集客ができるだなんて幻想だと気づきます。

お客様がまず価格ありきの場合、安くて当たり前なので、より満足度が高いであろうサロンに行きます。

さらにそのサロンに行ってみて満足度が低かった場合、再来店はしてくれません。

安いから来店していただける、買っていただける時代ではないんですね。

まとめ

もしあなたのサロンが低価格を売りにしているのでしたら、一度考えなおしてみてください。

お客様の常識が
・安くて当たり前になっている
・安さだけでは満足しない
・安さだけでは再来店していただけない

だとしたら、あなたが売りにするものは価格ではないはずですね。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 講師勉強会ではフォルム形成をディスカッションしました【過去メルマガ2020/9/18】

  2. 老化って疾患なんですって・・・【過去メルマガ2020/9/17】

  3. 爪甲点状陥凹って知っていますか?【過去メルマガ2020/9/16】

  4. ジェルネイルが長持ちするしないの考え方【過去メルマガ2020/9/15】

  5. ジェルが長持ちすることのデメリットとは?【過去メルマガ2020/9/14】

  6. オンラインでもネイル技術講習が受けられます

PAGE TOP