白でも簡単!ジェルネイルでグラデーションをする3つのポイントで、カラーグラデーションの簡単かつ綺麗なやり方をお伝えしました。

この方法はカラーグラデーションが苦手だった私が、いまでは一番得意と言えるまでになった方法です。

このやり方だけを講習で行っているのですが、タイトル通り白でも簡単にジェルネイルでグラデーションができるのでお勧めです。

では、なぜカラーグラデーションを上手くなりたいと思ったのか、私の経験を交えてお話していきます。

衝撃だったボーダーネイル

まだ駆け出しネイリストだった頃、ふんわりとしたカラーグラデーションに魅せられて、よりその魅力を伝えたいと思っていました。

ですが、その当時の私はまだまだ技術不足で、カラーグラデーションではあるけれど、自分でこれは美しいと言えるほどではありませんでした。

技術を身につけるために、いくつものネイルサロンに通ってネイリストさんにカラーグラデーション施術してもらい、たくさんのやり方を見てきました。

その中で、衝撃だったことがあります。

3回にわけてジェルを重ねてくれたのは良いのですが、時間がかかったわりにはどうみてもカラーグラデーションではなく、先端が一番濃い3本の重なったボーダーにしか見えないのです。

そして、そのネイリストさんは特にそれが問題にも思っていない様子で私を見送りました。

私はとてもがっかりしたのですが、この気持ちをお客様に味あわせたくないと強く思った出来事でした。

こだわりはラメがけなし


マットカラーである、特に白は綺麗にグラデーションができるとお客様もとても喜んでくださいますよね。

写真は私が施術したものですが、サロンワーク仕様の技術なので時間がかかりません。

通常のカラーグラデーションより1回だけ多く4回ジェルを重ねることにしていますが、あっという間に出来上がってしまいます。

サロンワークは綺麗だけでは成り立ちませんから、早く綺麗にが要求されます。

そして、私は隠すためのラメがけには反対です。

根元がどうしても綺麗にならないからと、ラメを分厚くかけるネイリストさんに出会ったことがあります。

サロンのメニューにも、ラメをかけないならグラデーションは行いませんと但し書きが書いてありました。グラデーションをする色も限定されており、そのなかに白は入っていませんでした。

気持ちはわかりますが、フレンチのラメラインがラインをごまかすためのものではないように、カラーグラデーションをより魅力的に魅せるためのラメがけであって欲しいです。

まとめ

カラーグラデーションはコツさえ掴めば簡単です。

ふんわりとしたエアブラシのようなグラデーションは、お客様も気に入ってくれますよ。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう