ジェルネイルをトップジェルで仕上げる時に、フォルムが大切と言われています。

フォルムって何?という方もいるかもしれませんね。

横から爪を見た時に、根元から爪先までアーモンドのような綺麗な曲線を描いていること。

正面から見た時に、光がまっすぐ縦に入っていること。

この二つが、見た目だけではなく強度を保つためにも大切になってきます。

なぜか爪の先端がほんの少し反っているんです

私の爪ですが、薄いので先端がほんの少しだけ反っている指があります。

この爪にそのままジェルを乗せて行くと、先端が反っていることが影響して、全体的に反ったような見た目になります。

きちんとフォルムを見て仕上げてくれるネイルサロンだと、ちゃんと反らないようにしてくれますが、そうではないサロンだと必ず反っています。

これは私がネイリストだから感じるのではなく、お客様もちゃんとわかります。

特に自分の爪にコンプレックスのあるお客様は、よく自分の爪を観察していますから、なおさら気がついてしまうんですね。

爪が長くなればなるほど癖が強く出る

これは私の手で、ネイリストさんに施術をしてもらったものです。

ちゃんと横からと正面からのフォルムを大切にしているネイリストさんだったので、綺麗に仕上がっています。

私は爪の伸びた部分(フリーエッジ)が3ミリほどで、そんなに長いわけではありません。

ですが、爪の癖(反っている、横に広がっているなど)は爪が長くなれば長くなるほど強く出ます。

お客様の爪に癖があって長く仕上げたい場合、なおさらフォルムを大切にしないとその癖が気になる仕上がりになってしまいます。

固めのトップジェルが使いやすい

フォルムをしっかりと綺麗に仕上げる時に、筆に取ったジェルを糸状に垂らして、凹んだところに付け足す方法が一般的です。

その時に柔らかすぎるジェルでは、すぐに流れて修正が難しくなります。

トップジェルは固いものを使ったほうが、表面張力を利用しながら綺麗な修正がしやすくなります。

まとめ

アクリルやジェルで長めの爪を作ることを学んでいる方は、このフォルムを見ることも容易だと思います。

そうではない方は、まずはトップジェルで仕上げる時にはこの2つを意識してください。

  1. 固めのジェルを使って、横から見てアーモンドのような綺麗なカーブを描いているようにする
  2. その次に正面から見て、スッと縦に一本の綺麗な線が入っている(歪みがない証拠)

慣れてくると、どんどん何が綺麗なフォルムなのかということが見えてきますよ。

 

 

 

【ノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまう悩みを今すぐに解決する方法があります】

 

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を健やかに保つことを両立させた、特許出願中の技術です。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう