ジェルネイルやマニキュアはしたくないけれど、自爪を綺麗にしたい、コンプレックスのある爪を改善したいと思っているお客様は大勢います。

そのお客様の希望を、ネイルケアで自爪を育てることで叶えることができます。

よくあるネイルケアでは弱いのです

自爪をネイルケアで育てるといっても、通常のウォーターケアと言われるネイルケア(ネイルスクールなどで学ぶ通常のネイルケア) では、なかなか爪を育てると言い切れません。

爪をスッキリ綺麗に見せることはできても、なかなかその先の育てるところまでは難しいと感じます。

どうしたら自爪を育てることができるの?

自爪をを育てるときに大切なのは、保湿です。

爪表面やその周りにある角質、甘皮、薄皮は、爪を育てるために必要な水分や油分を奪っていきます。

それらをしっかりと取り除くことで、爪を育てることができるんです。

もちろん見た目もきれいになりますから、爪を育てながらきれいな手元を演出することもできますね。

ネイルケアをした左足

ここまでしっかりと角質や甘皮、薄皮を取り除いていくと、自爪を育てることができるんです。

どうしたらそこまでケアできるの?

時間をかけてしっかりとウォーターケアをすることで、しっかりとそれらを取り除くことができます。

でも、通常のウォーターケアでは他のサロンとの違いが出ませんし、なかなか写真のようなレベルまで取り除くことはできません。

いくら「爪を大切にします」「爪を傷めません」と言っても、他のサロンと同じケアをしていては、お客様がどのサロンを選ぶかの判断基準は、どのネイルサロンが安いかになってしまいますね。

他のサロンとの技術の違いを持たなくては、お客様への思いを伝えながらサロンワークをすることは難しいんです。

まとめ

しっかりと自爪を育てるネイルケア技術があれば、堂々と胸を張ってそれをコンセプトに施術することができます。

本当にこれで爪が育つのか?なんて思いながらウォーターケアをしていても、お客様はいずれ離れていってしまいます。

スキンケアネイリスト養成講座でお伝えしている技術は、自爪を育てるネイルケアが含まれています。

写真のネイルケアは、この技術で行いました。

ジェルネイルの下準備としてだけではなく、そのネイルケアの部分だけを取り出して施術することも出来るんです。

ジェルネイルがしたい人だけではなく、爪そのもののコンプレックスや悩みを抱えているお客様も、自爪を育てることでそれを解消してあげたいですね。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認
   

この記事が気に入ったら
いいね!しよう