会社でネイルができない、あまり派手な色は好まないといったお客様に、どのような色をおすすめしていますか?

私は肌馴染みの良いピンクか、本当に肌に近いベージュをおすすめしています。

以前とても好きだったICE GELのベージュがあったのですが、廃盤になってしまった後、近い色を探して今はべトロのカラーを使っています。

ワンカラーよりグラデーション

肌に馴染むようにと言われた時は、グラデーションをおすすめしています。

同じ濃さの色が爪に乗っているよりも、根元に向かって自然な爪の色になるような、グラデーションのほうが馴染みます。

そして、爪が伸びてきても違和感なく自然に見えるのは、やはりグラデーションですよね。

私がいつもおすすめするのは、べトロVL054・Japanese Besutyです。

説明にはマットなピンクベージュと書いてありますが、あまりピンク味は感じられない肌に近いベージュです。

肌になじむジェルネイルカラー

実際にカラーグラデーションをしてみました

肌になじむカラーグラデーションの手元
このお客様は、60代の常連様です。

お稽古事の関係で、今回は爪を自然な色にしなくてはならないそうで、ピンク系と迷っていらっしゃいました。

お話を聞くと、自爪に近いような色ではないとダメだとのこと。

ピンク系でもよければ、肌馴染みするべトロのVL001・Venusをおすすめしているところなのですが、今回はVL054にしました。

マットでも自然なカラーグラデーション

マットな色はカラーグラデーションがしにくいのですが、私のお伝えしているカラーグラデーションの方法だとこの色でもあっという間に出来上がってしまいます。

だいたいカラーを塗る時間は10分です。

ちなみに、スキンケアネイリスト養成講座でお伝えしている技術で写真のようなカラーグラデーションをする場合、オフ〜オンで1時間半弱です。

急げばもう少し早くできるのですが、個人サロンなのでゆったりと施術をさせてもらっています。

施術者が急いでいると、お客様にも伝わって忙しない雰囲気になってしまうので、そこは気をつけています。

まとめ

肌に馴染む色、特にベージュは何色か用意しておくと良いです。

私もこの色の他にも数色用意し、お客様の肌に合わせてご提案しています。

その中でも、特にこのべトロVL054・Japanese Besutyがお気に入りです。

確か、ジェルネイル検定上級でも使った色だったはず。

肌を綺麗に見せてくれる色なので、おすすめです。

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう