先日、こんな相談が送られてきました。

れあ子さん

お客様の足のジェルをオフしたら、爪がボロボロなんです。どうしたらいいんでしょう。

お客様も、ジェルを取り除いた時に爪がボロボロになっていたらびっくりしますよね。

その原因を考えてみましょう。

足の爪が傷む原因

傷んだ足の爪

この写真は、質問とともに送られてきたものです。

けい普通の顔

結構傷んでしまったように見えますね。

よく見るとジェルが残っているだけの部分もありますが、二枚爪になっています。

足の爪が傷む原因をいくつかあげてみます。

・ジェルの表面をマシンで削りすぎてしまった
・ジェルオフの時、手前から奥ではなく、奥から手前にメタルプッシャーを引いて力が入りすぎた
・きつい靴を履いたり、歩き方などで爪先に衝撃が加わった
・秋〜冬でになって、爪が乾燥してきた

このようなことが原因で、ジェルを除去してみたら爪がボロボロになっていたなんて事があります。

足のジェルネイルでありがちな、爪を痛める原因

その他、足のジェルネイルでありがちな爪を傷める原因があります。

けい普通の顔

それは、ジェルネイルの付け替え時期が遅い事なんです。

足の爪は手よりも伸びるのが遅いので、付け替え時期も長くなりがちです。

実際この写真のお客様は、前回施術をして2ヶ月経ってから来店されたそうです。

2ヶ月経つと爪も長くなり、爪先に加わる衝撃が短い時よりも大きくなります。

けい普通の顔

そうなると、どうしてもジェルネイルの下で爪が傷んでしまうんです。

まとめ

お客様は素人なので、どうして足の爪がこうなってしまったのかわかりません。

けい普通の顔

原因となる可能性を伝えてあげないと、不信感でいっぱいになってしまいます。

お客様に足の爪が傷む原因をきちんと説明して、さらに適正な来店時期をお伝えすることが大切です。

そういった知識をちゃんと伝えてあげることで、なおあなたへの信頼感が増していきます。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう