ジェルネイルが剥がれやすく、なかなか長持ちしないお客様がいると思います。

原因は色々ありますが、そのひとつに「爪が薄い」ことが考えられます。

薄づきのジェルネイルは無理です

薄い爪に、自爪のような薄いジェルネイルで仕上げると、このようになることがあります。

加藤の爪

この画像は、施術した次の日の様子です。

先端からペロリと剥がれています。

きちんとした施術で、エッジ(爪の先端の断面)も塗ったとしたら、どうしてこうなるのだろうと思いませんか?

薄い爪のエッジはすぐに磨耗します

爪が薄いと、当たり前ですがエッジ部分も薄く鋭くなっています。

エッジの面積が少ないので、爪先にダメージを与えると、普通の爪の方よりもジェルネイルが磨耗しやすくなります。

そして全体的に薄づきだと、先端付近への衝撃が大きいので、さらに浮きやすくなってしまうんですね。

じゃあ、どうしたら良いの?

写真の爪は私の爪なのですが、薄づきのサロンで施術をしてもらうと、必ず1〜2日でジェルネイルが剥がれます。

手順に問題なく施術をしてもです。

でも、お客様の中には薄づきの仕上げを好まれる方もいますよね。

そういう場合でも、スキンケアネイリスト養成講座でもやり方をお伝えしていますが、エッジは薄くならないように塗ります。

ベースジェル、カラージェル、トップジェルそれぞれを薄くならずきちんと塗る。

それを注意するだけで、持ちが全然違います。

まとめ

同じ薄い爪にも、柔らかいタイプと固いタイプがあります。

その違いでも、また対応が変わってくるんですね。

爪質は人それぞれ。

その違いに合わせて、細かな対応をしていくと、よりジェルネイルが長持ちするようになりますよ。

 

 

【ノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまう悩みを今すぐに解決する方法があります】

 

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を健やかに保つことを両立させた、特許出願中の技術です。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう