プロテケアネイル技術を、私ひとりで教えるのにも限界があります

加藤けいプロフィール写真
初めまして、一般社団法人プロテケアネイル協会代表理事の加藤圭です。

協会でお伝えしているプロテケアネイル養成講座では、今まで何をやってもお客様のジェルネイルが長持ちしない、爪を傷めたくないのに傷めずに施術ができない、他のネイルサロンとの差別化をしたい、その悩みをあっという間に解決できる技術をお伝えしています。

「ジェルネイルをしながら、爪を保護・修復・育成に導く特許取得のネイル技術」

この技術を長年お伝えしていますが、その中でずっと思っていたことがあります。

「私だけで伝えるには限界がある」

今まで北海道から九州まで、ネイリストさんに会いに行ったり私のサロンに来ていただいたりして技術講習をして来ましたが、私ひとりで伝えるには限りがあります。

もし色々なところにこの技術を教えてくれる人がいたら、一緒にこの素晴らしい技術を伝えたいと思ってくれる人がいたら、もっともっとたくさんのネイリストさんやお客様のお役に立てるのにと、ずっと思っていました。

特許が取れたら、この技術を教える先生の制度を作ろう

ある時受講してくれたネイリストさんから言われたんです。

「この技術を私が生徒さんを募って、教えることはできませんか?」

そのネイリストさんは遠方にお住まいで、自身の協会でネイリストを育てたい、その時にこの技術を使いたいと思ってくださいました。

でも、その度に私を呼ぶわけにもいかないので、自分で教えたいとおっしゃってくれたんです。

一度は「特許が取れたら、講師制度を作ろうと思っています」と伝えましたが、「必要としてくれているなら、特許が取れたらなんて言ってられない」と思い直し、前倒しで制度を発足しました。

そして2019年4月に特許が取れ、国のお墨付きをいただき、認定講師も6名となりました。

仕事の柱は1本より2本あったほうが良い

私が学んできたマーケティング技術の権威であるダン・ケネディは言っています。

仕事で1(いち)は避けなさい。1(いち)ほど怖いものはない。

私たちネイリストの仕事に当てはめて考えてみてみましょう。

施術だけが自分の仕事だったとして、もし手を怪我してしまったら?お客様が激減してしまったら?

施術を今まで通りにすることができなくなったら、収入が途絶えてしまいますよね。

仕事がたった一つしかなかったら、それがうまくいかなくなったら終わりです。

でも、そこにもう一つ仕事があったらどうでしょう。

片方がうまくいかなくなっても、もう片方で補うことができます。

サロンをまた軌道に乗せたい、再起をかけたいと思っても、収入がなければそこに集中することはできません。

でも、もうひとつ仕事があればそれも可能になるんです。

しかもその講師業は、いままでやってきたサロンワーク経験が全てそこに活かされます。逆に講師としての経験も、サロンワークに活かすことができる。連動しているんです。

ぜひ「サロンワーク」と「講師業」のふたつの柱を作ってくださいね。

講師制度ってどんな制度なの?

特許を取得したプロテケアネイル技術を教える先生になってもらう制度です。(こちらの技術をメインにおしえることができます)

まずテクニカルライセンスコースを受講していただき、その後エデュケーターライセンスコースを受講して講師となることができます。概要書をご覧ください。

それぞれのコースでは認定のための試験を受けてもらいますが、目的は「ちゃんと技術の理論をわかっているかどうか」を見るためです。

落とすためのテストではなく、受かってもらうためのテストになります。

 

講座へのお問い合わせはこちらのフォームから送信してください

必須:お名前

必須:メールアドレス

必須:電話番号

必須:お問い合わせ内容

 

私なんかに人を教えることなんてできないと思っていませんか?

今まで講師をやったことがないと、そう思ってしまうかもしれません。人に教えるなんてと躊躇してしまう気持ちもわかります。

ですが、プロテケアネイルは理論的に仕組み化したわかりやすい技術です。

ですから、あなたがネイリストなら全く問題なく講師になって教えることができます。

講師として活動するためのテキストには、どこでどんな補足を入れながら講習をすれば良いかもわかるようになっていますし、しっかりと教え方もレクチャーしています。

ロイヤリティって何?

講師として教えてもらう場合、協会の特許技術を含めたメソッドを使ってもらうことになります。

その使用料(ロイヤリティ)として、講習代金の30%を納めていただいています。

このロイヤリティの中には、受講生にお渡しするテキストと教材、ディプロマ代などが含まれています。

例えばカリキュラムのステップ1(1日・5時間・150,000円(税別))で講習を行なった場合、協会に収めていただくのはロイヤリティ49,500円(税込み)と生徒さんの協会入会金と1年分の年会費20,000円の合計69500円ですので、講師として1回講習を行うと95,500円(税込み)が報酬となります。

プロテケアネイル認定講師として講座開講の流れ

講師になっていただいて、講座への申し込みがあった時の流れはこのようになっています。

  1. 受講希望者からの問い合わせ(一旦連絡をいただき、状況によって私からクロージングのアドバイスをいたします)
  2. 受講希望者からの正式申し込み(氏名、住所、電話番号、申し込みに至るまでの経路報告をしていただきます)
  3. 受講希望者からの受講料振込み(ロイヤリティーの入金後、テキスト、アンケート、ディプロマを郵送いたします)
  4. プロテケアネイル養成講座開講(講座の様子、講座の写真、受講生のアンケートを送付していただきます)

プロテケアネイル認定講師講座 受講費用

詳しい内容はこちらからご確認ください。

テクニカルライセンスコースとエデュケーターライセンスコースを受講し、ライセンス試験に合格することでプロテケアネイル認定講師になることができます。

受講までの流れ

あなたと私の予定をすり合わせ、受講日時と開催場所を決めます

受講料を納めていただきます

受講

フォローアップ(講師期間中は無制限)

受講費用

詳しい内容はこちらからご確認ください

口座代金のお支払い方法は、お振込・カード決済、コンビニ決済でのお取り扱いとなります。

※カード決済処理完了後にお客様がご利用のクレジットカード会社のカスタマー・サービスセンターに電話やネットなどでお支払い方法の変更を申し出れば、決済後に分割払い・リボ払いに変更する事が可能です。

講習場所

〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2039-1(東急田園都市線つきみ野駅徒歩12分)加藤自宅サロンになります
渋谷駅から約50分、横浜駅から約50分

※遠方の方は、出張講習も行っております。交通費及び宿泊費(必要な場合)は実費はご負担いただきます。お気軽にお問い合わせください。オンライン受講もできます。(一部除外あり)

 

講座へのお問い合わせはこちらのフォームから送信してください

必須:お名前

必須:メールアドレス

必須:電話番号

必須:お問い合わせ内容