私のサロンにいらっしゃるお客様の中に、山登りの好きなお客様がいらっしゃいます。

秋は紅葉も綺麗で、山登りにはとても適した季節ですよね。

でも、そのお客様はキャンプも併せて行う本格的な山登りなので、テントの設営や片付けなどで指先をかなり酷使するようです。

先日いらっしゃった時も、テントをしまうときにかなり指先に力が入ったようで、右手の親指の爪に両側から亀裂が入っていました。

まずは亀裂直し

亀裂が入った場合、アクリルパウダーとリキッドで亀裂直しをします。

両端からの亀裂の場合、その亀裂の入り具合いにもよりますが、ピンポイントで亀裂を直さずに両側を繋げるように亀裂直しをします。

一枚の爪なので、部分的に硬いと力の加わり方が変わって爪への負担が大きくなります。

そして亀裂直しも厚みがあまり出ないように、かつ薄すぎて割れてしまわないように気をつけています。

最初から補強することも考えられます

このアクリルでの亀裂直しは、補強をするときにも役立ちます。

生活の中でどうしても爪を酷使する場合、その爪だけアクリルで補強しておく、最初から折れないようにしておくことも考えられます。

私のお客様の中で爪が折れやすいのは、この山登りをするお客様と日舞を習っていて着物を頻繁に着るお客様です。

着物の帯をギュッと締めるとき、爪にかなり負担がかかるそうで、気をつけていても急いでいる時などはつい爪のことを忘れて折れてしまうことがあるようなのです。

その場合、あまりに頻繁な場合には最初からアクリルで補強することを提案しています。

折れてから直すのもアリですが、折れる前に予防するのも一つの方法ですね。

まとめ

ジェルネイルをしていると自爪よりも強度があるので安心してしまい、亀裂が入ってしまうことがあります。

できるだけ爪先には負荷をかけない、爪先に力を入れる動作をしないというのはジェルネイルを綺麗に保つために大切なことです。

でも、生活をしている中であまりに制限があるのはストレスになります。

ネイリストとしてできる範囲で、お客様が快適に過ごせる提案をしていけたら良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう