ネイルの勉強はしたけれど、サロン勤務をしたことがない。

これから自宅開業をしたけれど、サロンワークってどうやればいいんだろう。

サロンワークをしたことがないのに、自宅サロン開業ってできるのだろうか。

そんな悩みがあって、いまいち独立に躊躇してしまうことってありませんか?

そんな時に大切なのは、現場に足を運ぶこと。そう、ネイルサロンに行ってみることなんです。

特にセルフネイルからはじめて、その後スクールに通ってプロになった方は、ネイルサロンに行かなくても自分でできるので、行く必要がないと思ってしまうのかもしれません。

でも、そんなネイリストさんにこそ、ぜひネイルサロンに行ってもらいたいなって思うんです。

ネイルサロンに行くメリットとは?

私はネイルスクールに通っている時期から、定期的にネイルサロンに通っていました。

その理由はたったひとつ。

「技術をみて覚えたいから」でした。

ネイルサロンで施術を受けると、接客方法から施術方法、次回予約の取り方など、たくさんのことを目の前で見ることが出来ますね。

施術料金10000円だとして、そこまで見ることが出来てジェルネイルまでしてもらえるなんて、なんてお得なんだ!と思っていました。

その後サロンに3か所勤務しましたが、その時肌で感じたことはとても役立ちました。

頭で知っているか、体で知っているかってとても大事なことなんですよね。

行くことで研究することができるんです

技術などを見ることでスキルアップしたいのなら、同じサロンに通うのは数回まで。

値段が安い店と高い店の比較、時間短縮をしている店とそうではない店の比較、個人店とチェーン店の比較といったように、比較することで学ぶことの幅が広がります。

最初はお店同士の比較をして、そのあとは自分との比較をします。

自分が客単価10000円のサロンなら、同じ価格帯の個人サロン・チェーン店に行ってみて比較する。

自分が爪を傷めないことを一番大事にしているのなら、同じコンセプトのサロンに行ってみる。

そして、行っただけではなくちゃんと記録をしておくことで、後から見直してさらに比較することができます。

私もこれをやったことで、自分の技術を開発することもできました。

まとめ

サロンワークは実践して行くことがとても大切です。

自分はネイルサロンに行かないけれど、お客様には来て欲しいと思っても無理ですよね。

まずは自分が行ってみる。

そして、お客様の視点に立ってサロンワークを俯瞰(ふかん)してみる。

そこで気が付いたことを、自分の仕事に取り入れて行くことで、サロンワークをしているのと同じような学びがあるんです。

私も今は講習でネイリストさんに手を貸すことも多く、なかなかネイルサロンで付け替えができないこともありますが、いまだにネイルサロンに行っています。

そうすると、ネイリストになって何年経っても、ふとしたところに気づきや学びがあります。

自分だけの思い込みや狭い枠を取り払うためにも、ぜひネイルサロンに足を運んでみてくださいね。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう