お客様のジェルネイルを長持ちさせたい、爪を傷めたくないといろいろ試行錯誤しているネイリストさんもいると思います。

実際私の講習を受講してくれるほとんどの人が、安定してお客様のジェルネイルが持たない、ジェルネイルのオフをするときに時間がかかったり爪が傷んでしまう悩みを解決するために来てくれます。

それらの悩みを解決する方法の中には、爪を削らないジェル(ノンサンディングジェル)やハードジェルを使ったフィルインがあります。

けい普通の顔

でも、それらにもデメリットがあります。

爪を削らないジェル(ノンサンディングジェル)

爪の表面を削らないいのだから、爪が傷まないと思いますよね。

理論的にはそうです。

けい泣いた顔

でも、このジェルを使っても爪が傷む場合があります。

酸が入っている

すべてのノンサンディングジェルではありませんが、中には酸を使うことで定着させているものもあります。

酸が入っていると言う事は、プライマーを使うのと同じで、 爪の表面を溶かすように荒らして定着 させています。

けい普通の顔

そうなると、何のために削らないジェルを選んだのか意味がわからなくなります。

オフ剤が強力

爪を削らないジェルは、とても定着の良いジェルです。

そのためオフ剤も通常より強力なものが多いです。

けい普通の顔

上手に使わないと皮膚や爪乾燥して傷んでしまいますね。

私が通っていたネイルスクールは、某有名ノンサンディングジェル商品のメーカーで、ジェルネイルの授業で「このオフ剤は強いから、加藤さんは肌が弱いし絶対に素手で触らないでね」と言われました。

オフが大変

定着が良いだけあって、オフが大変だったり時間がかかってしまうネイリストさんも多いです。

オフに時間がかかると、施術時間もそれだけ長くなり、お客様も疲れてしまうんですよね。

けい普通の顔

基本的にジェルネイルのオフがしやすい物をオススメします。

オフがしやすいなら、定着がそれだけ良くないんじゃない?と思うかもしれませんが、そんな事はありません。

きちんとしたケアとプレパレーションを行えば、どんなジェルでもちゃんと定着しますから安心してくださいね。

ジェルネイルが定着しない

ノンサンディングジェルでちゃんと定着しない悩みを持っていませんか?

けい普通の顔

この種類のジェルは、爪のケアがとても重要になります。

それが甘いと、定着が悪くなってしまうんですね。

結局のところどんな種類のジェルを使っても、すぐに剥がれたりういたりしてしまうなら、それが原因で爪を傷めてしまいます。

ハードジェルのフィルイン

ハードジェルでフィルインを行うメリットは、爪の同じところを1度だけサンディングすれば良いことでしょう。

けい泣いた顔

でも、すぐに浮いてしまい、結局1度で済まない場合もあります。

ハードジェルが合わないお客様がいる

ハードジェルはどちらかと言うと定着の良いジェルですが、それでもすぐに浮いてしまうお客様がいます。

けい普通の顔

主に爪が薄くて柔らかいお客様ですね。

爪の柔軟性とハードジェルの硬さが連動しなくて、爪が動くたびにどんどん浮かせてしまう原因になるんです。

そのお客様に無理にフィルインを勧めても、施術のたびに浮いているところをとっていくので、何度も同じところをサンディングする結果になります。

特にハードジェルはソフトジェルよりも深く傷を入れるので、それでは爪を傷めてしまいますよね。

オフでジェルを浮かせてしまう

ハードジェルのオフは、力加減を間違えると縁からどんどん浮いていきます。

けい普通の顔

衝撃がジェルネイルを浮かせてしまうんですね。

マシンの速度やビットの目の荒さ、ファイルの場合は力加減を考えながらオフする必要があります。

それがうまくできないと、フィルインの意味がなくなり爪を傷めてしまいます。

まとめ

けい普通の顔

どんなものにも、メリットとデメリットがあります。

メリットに目が行きがちですが、デメリットが自分の求めていることとは違うかもしれません。

その両方を検討して、施術方法や商材を選ぶ必要があります。

 

フィルインをしっかり定着させる、爪を育てながらジェルネイルをする方法はこちらから。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう