爪を傷める原因のひとつは、ジェルネイルのオフです。

ちゃんとジェルネイルの表面を削ってからオフ剤を巻いているのに、全然ジェルネイルが取れない!

時間もかかるし、オフが終わった時に、爪の表面がガサガサしている。

お客様もじっとその爪を見ている。

どうしよう、気まずい!なんてことはありませんか?

ツルンとジェルネイルが取れるオフ

私のお伝えしているスキンケアネイリスト養成講座のジェルネイルのオフは、面白いようにツルンとすんなりオフが出来るのが特徴です。

それができると、見た目も綺麗で爪も傷めません。

このジェルネイルのオフを知ってから、爪は傷まないし時間はかからないし、なんだかオフが楽しみですと感想をいただきます。

どうしてツルンとジェルネイルのオフが出来るの?

オフのやり方も大事ですが、プレパレーションに特徴があります。

甘皮周りだけではなく、爪表面の角質までしっかり取り除き、まるで額縁に入っているようなスッキリとした爪にすることができます。

これが、ジェルネイルのオフをツルンとすんなり出来て、更に爪を傷めずに長持ちさせる要因なんです。

まとめ

それぞれの工程を取り出して、爪を傷めないジェルネイルのオフ、ネイルケアが苦手でもスッキリ綺麗にネイルケアといった使い方もできる技術です。

でも、トータルで行うことで、爪を傷めずにジェルネイルを長持ちさせ、施術を何年続けても健やかな爪を保つことができるんですよ。

これがお客様に選ばれ続け、長年リピートしてもらう大きなポイントになります。

お客様にもっと良い技術を提供したい!と思っている、お客様目線のネイリストさんに知ってもらいたい技術です。

【ノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまう悩みを今すぐに解決する方法があります】

 

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を健やかに保つことを両立させた、特許出願中の技術です。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう