私は爪が薄いので、ジェルネイルが薄付きのサロンに行くとこのようなことが起こります。

  • 先端のジェルがすぐに摩耗する
  • サイド(特にストレスポイント)から亀裂が入る
  • 先端から剥がれる
  • 先端が薄く鋭くなっているので、肌を傷つける
  • ジェルが剥がれやすい
けい普通の顔

本当に困ります。

どうしたら良いのでしょうか。

爪の先端をしっかり塗る

薄い爪は、先端のエッジ部分にしっかりジェルが付いていないと、すぐに摩耗してしまいます。

けい普通の顔

私の場合は、施術後2〜3日で先端が摩耗して、1週間くらいで先端からはがれます。

爪の先端からジェルネイル剥がれてきている様子

このように、先端がベースからトップまで摩耗するんです。

しっかりと先端にジェルを乗せることで、これを防ぐことができます。

薄づきのトップジェルは使わない

ハケタイプのジェルはサラサラとしているので塗りやすいですが、爪の薄い人には不向きです。

しっかりと厚みの出せるジェルで、爪全体をコーティングするようなイメージで塗っていきます。

けい泣いた顔

厚過ぎるとぼてっとした印象になります。

薄すぎず厚すぎずが大切です。

横のアーチを意識して仕上げる

爪の薄い人は、ある程度長さがあると先端が少し反る場合があります。

それをそのまま塗ってしまうと、ちょうどストレスポイントあたりが凹んだように仕上がってしまいます。

けい普通の顔

そうなると、見た目も良くないですが強度も落ます。

横から見てトップジェルの表面に凹凸があったら、ジェルを糸状に垂らして足し、綺麗なアーモンド状のアーチを描くように仕上げましょう。

まとめ

爪の先端のジェルをしっかり塗る、薄すぎない仕上がり、綺麗なアーチを描く。

これで、先端からのはがれは十分防ぐことができます。

爪の薄い人には、特に意識してみてくださいね。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう