フォルム形成初心者さんブラシワークのポイント【過去メルマガ2022/4/11】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
フォルム形成をしたいのに

形を作っているうちに
ジェルが横から漏れて
収集がつかなくなる・・・

そんなことは
ありませんか?

プロテケアネイル®技術は
ジェルで「プロテクト」するために
フォルム形成を大切にしているので

講習の中でも
しっかりと
フォルム形成について
指導させていただいています。

その中で
フォルム形成初心者さんの
ブラシワークを見ていると
同じようなところで
つまずいています。

まず大事なのは
筆で形を作るのではく、

爪上のジェルと
筆先のジェルを融合させて、

それを動かして
形を作っていくことなんです。

例えば
サイドラインが出っ張って
ゆがんでいたら、

筆で出っ張っているジェルを
拭うのではなく

出っ張っているところから
凹んでいるところへ
ジェルを誘導して
ストレートにします。

もし量が多ければ、
爪先まで誘導して
取り去ります。

他にも
ジェルを足しているつもりが、

筆でえぐっている人も
多いです。

スクエア筆の角に
ジェルをしずくのようにためて、

そのしずくを
誘導するように
足していきます。

筆の角にジェルが足りないと
掘ってしまって
ジェルがえぐれます。

筆ではなく、
ジェルを誘導して
形を作る、

これを意識して
練習してみてくださいね^^

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ジェルを使わない自爪育成に限界を感じて・・・【過去メルマガ2022/11/29】

  2. 弱酸性のジェルに挫折したネイリストさん来てください【過去メルマガ2022/11/24】

  3. 銀座サロンの業務委託ネイリストさん募集します【過去メルマガ2022/11/21】

  4. ジェルすることがケアになる!次世代ネイルメソッド【過去メルマガ2022.11.20】

  5. プロテケアネイル®の自爪育成はなぜ結果が早くて持続するのか【過去メルマガ2022/11/10】

  6. どうしてホームケアでジェルが長持ちするの?【過去メルマガ2022/11/6】

PAGE TOP