何年も通って下さるお客様の中に、70代前半の女性がいらっしゃいます。

その女性は、自分の爪の形が子供の頃から嫌いで、人前で手を出すことが苦痛だったそうです。

「姉妹の中で、こんな手をしているの私だけなのよ。」

とても悲しそうな顔をしていました。

ジェルネイルが良いと聞いたの

初めてサロンにいらっしゃった時に、諦めたような口調で自分の手が嫌いといいました。

実際見てみると、縦長の爪と横広の爪が混在していて、さらに爪のピンクの部分(ネイルベッド) も長さがバラバラでした。

「こんな爪でも、ジェルネイルってできるのかしら。」

「ジェルネイルをしたら、少しはマシになるんじゃない? ってお友達に言われたの。」

少し心配そうな顔で、話してくれました。

こんなに変わるのね!

年配の奥ゆかしい女性なので、派手な色は好きでは無いようでした。

最初に使った色は、肌に近いベージュ。

それをグラデーションすることで、違和感のない感じに仕上げました。

爪の長さも縦長と横広が混在しているので、同じように長さを整えると、横広の爪は正方形のようになってしまいます。

見たときに全体的に長さが整うように、長さを調整していきました。

そのようにして出来上がったジェルネイルをした手を見て、こんなに変わるのね!と驚いていました。

これでやっと人前で堂々と手が出せるわと、ぱっと顔が明るくなったのを今でもよく覚えています。

毎月通ってくださいます


最近では、肌になじむようなピンクも取り入れながら、ジェルネイルを毎月楽しんでいるお客様。

今までは人前で手を出せなかったようですが、今ではお友達に手を褒められるようになったとうれしそうです。

そんな話を聞いていると、ジェルネイルが彼女の自信を取り戻してくれたんだと、私もとてもうれしい気持ちになります。

まとめ

女性はいくつになっても綺麗でいたいですよね。

そして綺麗になることで、コンプレックスを解消し、自分に自信が持てるようになる。

そのお手伝いができるネイリストという仕事、とてもやりがいのある仕事だなと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう