先日ご紹介した

 

 

 

 

 

 

プロテケアネイル®で
施術したジェルネイルは
爪が傷みませんよ~っていう
画像。

 

よく見てもらうと、
爪表面に
針で穴をあけたような
点状の凹凸があります。

取れたジェルが
上下逆なのですが、
ジェルにも
その模様が・・・

お客様でも
ジェルを外したら
こうなっている方が
いるかもしれません。

これって
爪甲点状陥凹
(そうこうてんじょうかんおう)
っていうんです。

これになる原因は
色々あるんですが、

一番の原因は
過度なストレス、
そしてそれに伴って
円形脱毛症・・・

まさに私、
少し前に
人生二度目の
円形脱毛症になり
(でも〇じゃなくて
生え際が薄くなるタイプ)

いつも
この点々の凹凸があります。

体現していますね・・・( ̄▽ ̄)

爪は健康のバロメーターといいますが、

本当なんですよね。

これが
爪を削るような施術をしていたり、

ジェルで
爪をボロボロにしてしまったら

そのバロメーターとなる
爪の様子が
変わってしまいます。

やっぱり
爪を傷めない
ジェルネイル施術っていうのは

お客様のために
大事なことですね。

ジェルオフをするたびに
爪の様子を
きちんと見てあげて、

アドバイスをしたり
寄り添ったり・・・

そんなネイリストでありたいなって
思います。

検定を受けた人は
爪の状態による
病気などを
必死に覚えたと思いますが、

いま一度
再確認してみると
良いかもしれません。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう