ハードジェルでフィルインをする時に、ネイルマシンでジェルを除去していきますよね。

その時に大切なことは、ネイルマシンの速度なんです。

いつでも一定の速度ではなく、必要に応じて「高速」と「低速」を使い分けることによって、不必要なジェルの浮きを発生させることなくフィルインして行くことができます。

高速回転を使う場面と注意点

ネイルマシンの回転数を高速にして使うのは、トップ〜カラーの除去の場面です。

早く綺麗に除去するためには、高速で行うことが必要になります。

この時に気をつけることは、力を入れてビットを当てないこと。

力が入ると、お客様が熱さを感じてしまったり、ちょっとした浮きの部分でビットがはねて衝撃を与えてしまいます。

この熱さと衝撃は、不快感だけではなく怪我の原因にもなりますよね。

そしてジェルの浮きがあった場合、そこに高速でマシンを当てることで、どんどん定着している部分まで浮かせてしまうことがあります。

そっと優しく当てるだけで削ることができるので、お客様の指とマシンををしっかり持って施術して行きましょう。

低速を使う場面と注意点

高速でジェルを除去した後に、ジェルネイルの縁に残ったカラーや浮きを取り除きます。

その時は、高速ではなく低速で丁寧に行うことが大切になります。

高速で行ってしまうと、先ほど書いたようにちょっとした浮きでビットが跳ねて、さらに浮かせてしまう可能性があるんです。

そしてジェルの縁は皮膚にとても近いですよね。

お客様に怪我をさせないためにもゆっくりと低速で行うと、お互い安心ですね。

まとめ

ネイルマシンの高速と低速をしっかり使い分けることで、安心安全の施術を提供することができます。

特にマシンを使い始めて間もない場合は、高速にこだわらず、自分が安心してできる速度で施術すると良いですね。

マシンに操られていると、定着しているジェルまで浮かせてしまい、フィルインどころではなくなります。

自分がコントロールできる速度で、自分が操っていると感じられる施術をして行きましょう。

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認
   

この記事が気に入ったら
いいね!しよう