ジェルネイルにつきものの、ジェルオフ(除去)作業。

初回他店オフ無料など、予約サイトを見るとジェルの除去についてそのように書かれているサロンが多いですね。

ジェルのオフ作業も、爪を傷めないように行えば30分はかかります。

そして、このオフ作業こそ技術が必要で爪を傷めるか傷めないかの要ともなります。

それでもあなたはジェルネイルのオフは無料にするべきだと思いますか?

初回他店オフ無料は戦略的な無料

一般的に初回他店オフ無料というのは、今まで他のサロンに行っていた人を取り込むために行なっています。

それは戦略のひとつですよね。

ジェルのオフのためにお金を払うのはもったいないと考え、今ついているジェルネイルを無料で外してくれるのなら、他のサロンでも良いかなと考えるお客様もいます。

中には初回他店オフ無料のサロンを渡り歩いて、定着しないお客様もいます。

それでは、せっかく初回限定でオフを無料にしても意味がありませんよね。

では、渡り歩かないように、2回目以降もオフ無料にすれば良いのでしょうか。

戦略的な無料を続ける

私の例になりますが、他店と同じように初回他店オフは無料にしています。

そして、2回目も3回目も無料です。

ただし条件があります。

「その場で次回予約をしてくれた場合にのみ無料」です。

そうすることで、毎回次回予約をいただけますから、お客様は常連になっていきます。

常連になっていただけることは、ネイリストのメリットとして、来月の予定や売り上げが立つことが挙げられます。

でも、お客様にとってもオフ代が無料になること以外にもたくさんのメリットがあります。

一つのサロンに通い続けることでより自分にあったネイルの提案や爪質を考えた施術をしてもらうことができます。

特に技術のいるジェルネイルのオフを、色々なサロンで行うよりも、爪を傷めずに除去できる当店でずっと行なってもらうことで、ずっと爪を傷めないジェルネイルを楽しんでもらうことができますから、他のサロンのオフを挟みたくないというのが私の思いです。

お客様の予定の関係で他店でオフして戻ってきてもらったことがありますが、せっかくずっと良い状態の爪だったのに、一回でかなりのダメージを受けた爪になっていたことがあります。

その時の残念そうな、申し訳なさそうなお客様の顔を見て、同じサロンに続けて通ってもらう大切さを感じました。

施術中の会話もそうですよね。

お互い気持ちが通じてきますから、より心を開いた会話をすることもできます。

特に自宅サロンは他のネイリストやお客様がいませんから、会話が込み入ったものになることが多いです。

ネイルサロンに来ることによって、爪も綺麗になり、心も満たされて帰ってもらえる。

それがお客様の常連になるメリットです。

まとめ

無料にするなら、そこには必ず戦略が必要です。

何も考えずに無料にしても、自分にもお客様にもメリットはありません。

お互いにメリットがあるからこその無料を考えてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう