ネイルを趣味から、自分らしさを生かした仕事にしたい。

私もそう思って、ネイルスクールに通い、ネイリスト検定やジェルネイル検定を取得してきました。

ですが、時間もお金も限られている中で、ネイルの検定や資格を取りに行くことができない人もいます。

では、検定や資格がないとネイルを仕事にすることはできないのでしょうか。

ネイルの検定や資格が無いとネイリストとして働けないのか

あなたは、こんな風に思っていませんか?

  • 趣味で始めたネイルを、仕事に出来たらいいなと思っている
  • ネイルの検定を取るほど、時間もお金もない
  • 子どもが小さいから本格的には出来ないけれど、空き時間に自宅で楽しみながらネイルの仕事がしたい
  • ネイルのことは結構知っているけれど、仕事にするとなるとやっぱり自信がない
  • もっとネイルの技術があれば、仕事にしてみたいと思う

ネイリストの資格は国家資格ではないので、ネイリストの検定がなくてもネイルの仕事をすることができます。

そして、実はネイルサロンの中には検定がなくても働いている人が結構いるんですよね。

でも、自宅でサロンを開くとなると躊躇してしまう。

その理由は「自分がネイルを仕事にしても大丈夫かの基準がわからない」からではないでしょうか。

あなたが自宅でネイルの仕事ができるかどうかの基準とは?

日本のネイル業界で有名な検定というと、JNECネイリスト技能検定試験やJNAジェルネイル技能検定試験があります。

この検定の何級を持っているかで技術レベルなのかがわかりますから、ネイルサロンでは採用の際にこの検定の有無を問われます。

では、この検定を持っていない場合は何を基準にすれば良いのでしょうか。

ネイルサロンに勤務したいのなら、技術テストで雇用先が判断してくれます。

でも、自宅で自分の仕事としてフリーランスで働くとなったら、お客様が求めている技術を身につけているかどうかを自分で判断しなければなりません。

この「お客様が求めている技術」というところがとても重要になってきます。

何を身につけていればネイルの仕事ができるの?

ネイリストの仕事は技術職ですから、これさえできればもう何もしなくても大丈夫ということはありません。

でも、サロンワークとして必要最低限の知識と技術さえ身につけてしまえば、あとは仕事としてお客様に接していきながら技術向上をしていけば良いのです。

躊躇していたら、何も変わりません。

大切なことは、一歩を踏み出す勇気と決断だと思います。

結局どうしたらネイルを仕事にできるの?

あなたにネイリストの資格や検定がないのなら、他のサロンとは違うやり方とあり方が大切です。

他と同じことをやっていては、仕事として成り立ちません。

特にこんな場合は注意してください。

  • どのくらいの技術があるのか証明できない
  • ネイリストの検定がないので、引け目を感じる
  • 安くすればお客様はきてくれるような気がする
  • 自宅で仕事なんてできるのか不安

ネイリストの検定や資格に頼らず、自分の技術を頼りに自宅でネイルの仕事をして行く。

それはとても夢があって、あなたらしい生き方ができる方法だと思います。

自分の働き方は、自分で決める。

その思いがあれば、必ず夢は叶うと思いますよ。

まとめ

まずは、ネイルを仕事にするために「必要最低限の技術と知識」を身につけてください。

講習を受けたり、本を読んだり、自分で調べたりと色々な方法があります。

私のこのブログサイトにも、いくつもヒントをお伝えしていますから、お時間があればぜひ読み込んでみてくださいね。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう