生徒さんから、質問をもらいまささた。

れあ子さん

お客様の折れた足の爪が、深爪になっています。どうしたら良いですか?

けい普通の顔

爪の状態にもよりますが、長さ出しをしてから施術しましょう。

れあ子さん

でも、どうやってフォームを貼れば良いんですか?

けい普通の顔

深爪でも、爪の形にピッタリ合わせて貼りますよ。

私のお客様の場合を例に説明します

足の爪が折れている様子

こんなふうに、根元側半分だけ残って、先端側半分は中央に三角の爪が残っています。

けい普通の顔

先端の三角の爪は剥がれそうで剥がれない状態です。

このようなフリーエッジ(爪の伸びた白い部分)がない深爪の場合も、爪の先端に隙間ができないよいにフォームを貼り付けます。

爪にフォームを貼る図解

図のように、フォームの貼り方はふたつ。(黄色がフォームです)

  • 三角の爪を無視してフォームを貼り付ける
  • 三角の爪にもジェルを乗せるためにフォームを貼り付ける

この爪の場合は、三角の爪を無視して貼り付けました。

けい普通の顔

あまりに複雑にフォームを切り貼りすると、ジェルが下に漏れる場合があります。

ジェルが漏れると困ることがあります

フォームをフリーエッジ(爪の伸びた白い部分)のない状態で貼り付ける時、隙間ができると下にジェルが漏れてしまう場合があります。

けい泣いた顔

そうなると、困ったことがあるんです。

  • ジェルを硬化させる時、漏れたジェルが皮膚に着いて火傷をさせてしまう
  • フォームの形にそってジェルが厚くなり、線が入ったように見えてしまう
けい普通の顔

見栄えが悪いだけではなく、お客様にやけどをさせてしまっては大変!

隙間なく、ピッタリ貼れるようにフォームの形を切りましょう。

まとめ

けい普通の顔

深爪になったままだと、痛みを伴う場合があります。

長さ出しをして、見栄えだけではなく生活しやすいように施術していきましょう。

けい普通の顔

長さ出しの材料は、アクリルでもハードジェルでも大丈夫です。

私は亀裂直しはアクリルですが、長さ出しはハードジェルを使っています。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう