今シーズンよく見かける、囲みべっ甲ネイル。

けい普通の顔

お客様にお勧めするデザインとして、ハンドモデルさんに施術しました。

普通のべっ甲ネイルだとちょっと重たいので、初秋は特に囲みべっ甲ネイルがオススメです。

囲みべっ甲ネイルは簡単です

けい普通の顔

やり方は、普通のべっ甲ネイルより簡単です。

  1. ベースジェルを塗って硬化
  2. 黄色に赤とこげ茶を少し混ぜて、べっ甲のベース色になるオレンジ寄りの茶色を作る
  3. 2を爪の縁にぐるりと塗る
  4. 所々にこげ茶を乗せてぼかし、ぼかした上にまたこげ茶をのせて濃淡をつけて硬化する
  5.  べっ甲の部分に少しゴールドのラメを乗せて硬化する
けい普通の顔

模様のバランスを取るのも難しくないので、やりやすいですよ。

ストーンを乗せてアレンジしました

写真のように、囲みべっ甲ネイルのふちに、スワロフスキーを乗せました。

けい普通の顔

小さなストーンを使うことで、べっ甲柄が引き立ちますね。

他にも、べっ甲柄の太さを細くしたり太くしたりすることで、カジュアルにもエレガントにもなりますね。

けい普通の顔

今回はその中間くらいの太さにしました。

まとめ

秋冬はべっ甲ネイルがよく出ます。

けい普通の顔

同じべっ甲でもデザインがいろいろ出てくるので、シーンに合わせて提案すると良いですよ。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう