ネイリストが扱う商材には、アレルギーを発症する恐れのあるものが多数あります。

ネイリストは日々その商材に触れてますので、今まで大丈夫だったとしても、ある日突然発症することがあります。

特に多いのは、接触性皮膚炎、いわゆるかぶれのようです。

皮膚が赤くなり、かゆみが出ます。その後水泡ができてそれを掻きこわすことで、さらに悪化していきます。

アレルギーは一度発症すると、現代の医学では一生治ることはありません。

この記事では、アレルギーのお話を私の経験とともにお話していきます。

突然かゆみからはじまりました

ネイリストが使う商材でアレルギーが発症しやすいものの代表的なものは、アセトンやジェル商材などでしょうか。

私が最初にアレルギーを発症したのは、アクリルスカルプチュアのアクリルリキッドです。

アクリルネイルでのアレルギー原因の多くは、アクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせたものが多いようですが、私はリキッドでした。

ネイリスト検定1級の練習をしているときに、筆を拭くペーパーに右手小指横が触れていたことで、そこからかゆみがはじまりました。

私はどうしても検定が取りたかったので、アレルギーを無視して練習を続けていました。

そうしているうちに、アクリルリキッドのアレルギーだけではなく、ジェルやアセトンを触れてもかゆみが出るようになっていったのです。

かゆみから痛みに

そのうちかゆみから皮膚を掻いてしまい、だんだんとあかぎれになり、そのうちひび割れになっていきました。

一番ひどい時で、ネイリストのアレルギーが出やすい両手親指・人差し指・中指のすべてに、それぞれ10箇所以上のひび割れができていました。

こうなると、痛くて痛くて、食事で箸をを使うことができないくらいになります。

箸は持てるのですが、痛くて動かせないのです。

仕方なく、食事はフォークをにぎるようにして使っていました。

そして痛々しくてお客様にお見せできないので、手ぶくろをしながらの施術です。

さらには、気管支にもアレルギーが出てしまいました。咳喘息です。

ドクターストップがかかる

いままでは医師に「ネイリストをやめなさい」と言われてきましたが、私の大切な仕事ですから、絶対にやめないと反発をしてきました。

ですが、皮膚だけではなく気管支にまで発症してしまったことで、もう限界なのだと知りました。

私のネイルスクール時代の知人は、気管支にアレルギーが発症して呼吸困難になりました。

それが原因でその知人はネイリストを諦めたことを思い出したのです。

ですが、私が選んだ選択はネイリストを辞めるのではなく、「ネイリスト検定1級をあきらめる」ことです。

ここまで頑張ったのだから、意地で検定を取るまでやることもできました。

しかし、そうすることでアレルギーが悪化するだけではなく、痛みがこれ以上ひどくなると施術ができなくなる・・・ネイリストとして働けなくなる状態になってしまうのでは本末転倒になるからです。

すごく悔しかったです。泣きました。

でも、私はネイリスト検定が欲しいのではない。

お客様に技術を提供して喜んでいただきたいから頑張ってきたんだと思い出したことで、きっぱりとあきらめることができました。

まとめ

私はもともとアレルギー体質です。

アレルギー検査では、食品から花粉、さらにはゴキブリにまで(羽のりん粉)、すべての項目に反応があります。

そのような私ですから、ネイル商材でアレルギーになるのも時間の問題だったのでしょう。

私は医師の言うことを聞かずに、アレルギーとなる商材を触り続けたことでどんどん悪化していきました。

アクリルリキッドを日常的に触らなくなった今でも、アレルギー症状があります。通常の施術でかゆみや水泡ができてしまいます。

このように、ずっと苦しめられるアレルギーです。

発症しないように気をつけることはもちろんなのですが、おかしいなと思ったらすぐに受診することが大切です。

専門医の判断を聞いた上で、自分はどうすれば良いのかを考えてみてくださいね。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう