秋から冬にかけて、この季節はべっ甲柄が良く出ます。

同じべっ甲でも、色味を変えたりアレンジすることで様々なデザインになりお客様の個性を生かすことができます。

べっこう柄に花のネイル(手を組んでいる)

ハンドモデルさんに施術した新しいデザイン、今回はべっ甲柄にお花を描いてみました。

ポイントにストーンドームも作り、華やかさもプラスしています。

べっ甲柄に何を描こうか?

べっ甲柄だけではちょっと物足りない、そこで上に何かを描くことにしました。

べっこう柄に花のネイル

以前ラインでお花を描いたことがあるので、今回は普通のお花が良いんじゃない?ということで、白いお花とちょっとだけラメ(他の爪に使ったリーフグリーン)を乗せました。

べっこう柄に花のネイル(宝石を持っている)

意外と合う、グレージュとグリーン

べっ甲柄以外の指は、ラメ感のなるグレージュとギラギラなリーフグリーンを使っています。

一見あまり選ばない組み合わせですが、実際爪に乗せてみると同じキラキラ系なのもあり馴染んでいます。

べっ甲柄はおとなしいイメージなので、大人過ぎない、ちょっと個性を主張するネイルになりました。

まとめ

秋冬の大人ネイルはちょっと大人しめを選ぶお客様も多いです。

そこにちょっとだけスパイスになる色や柄を入れてみると、華やかさがプラスされるようです。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう