先日、スキンケアネイリスト養成講座の受講を考えているネイリストさんからこんな質問がありました。

れあ子さん

ケアやジェルネイルに特化した自宅サロンを開きたいんですが、ネイリスト検定3級とジェルネイル検定初級しか持っていないんです。

れあ子さん

ネイルスクールでさらに検定を取得するか、スキンケアネイリスト養成講座を受講するか迷っています。

もっと上の検定を取ろうか迷っているネイリストさんからの質問、結構多いんですよ。

私からの返事をお話ししますね。

ご質問への私からの返事

検定って誰のためのものなんでしょう

◯◯様

こんばんは、ネイルスキルアップラボの加藤です。

メッセージをくださって、ありがとうございます^^

今、スクールに再度通って検定を取ろうか迷っていらっしゃるんですね。

検定ってなんだと思いますか?

検定は「その検定に合格しうる基本的な技術があることを証明する肩書き」です。

その肩書きを必要としている人って誰だと思いますか?

検定という肩書きを必要としているのは「雇い主」です。

検定の有無で、大体の実力がわかるので、雇う側は◯級以上と足切りして募集することで、事前に戦力になるかをある程度見極めることができます。

他には自分のステイタスや◯級を持っているという自信が得られますよね。

今の自分に必要なのは検定?それとも・・・

でも、◯◯さんに必要なのは検定でしょうか。

これからネイルサロンに勤務したいと考えているなら、2級と中級までは持っていた方が有利です。

ですが、ケアやジェルでお客様お爪を大切にした自宅サロンをやるために考えるなら、これからネイルスクールに通って時間もお金もかけていくのはかなり遠回りな選択だと思うんです。

検定がそのままサロンワークで通用しないのが現状です

そして、検定とサロンワークは全然違います。

検定でやってはいけないことをサロンワークではやりますし、むしろ検定でやっていることはサロンワークではやらないなんてこともよくあります。

例えば1級や上級を持っていて良いことは、フォルムの見極めができたり、長さ出しをフルでできることだと思います。

でも、◯◯さんが目指すコンセプトの自宅サロンで、フルで長さだしって必要でしょうか。

例えば爪が1本折れたから長さ出しをジェルでしたい、亀裂が入ったからアクリルで直したい(サロンワークではシルクラップなどはほとんどする機会はありません)となったら、検定の勉強ではなくそれを学べばいいんですよね。

しかも、それだけだったら1〜2時間もあればやり方や見極め方は理解できるので、練習すればすぐに使えます。

◯◯さんがやりたいと思っていることを叶えるなら、ネイルスクールに通って検定をとって、それからサロンワークについて学んでとなると、これから何年もかかってしまいます。

お客様が欲しいのはネイリストの検定という肩書きではありませんよ

「お客様は検定は気にしていない」

これは断言できます。

私はもうすぐネイリスト10年目に入りますが、今までネイルサロン三ヶ所に勤務し、ネイルブースや自宅サロンで施術をしてきた中で、検定級を聞かれたのは1度だけです。

お客様が欲しいのはネイリストの肩書きではなく、「このネイリストにネイルをしてもらったら、どんな良いことがあるのか」それだけです。

検定を持っている=技術が上手なわけではありません

私はスキンケアネイリスト養成講座で70名以上講習をしてきましたが、ネイルの上手い下手は検定関係ないですよ。

1級でも上手ではない方もたくさんいますし、3級しか持っていない方でも、とても上手な方もいます。

ネイリストは技術職なので、技術があってこそです。

しかも、「自分の」お客様の求める技術が必要なんです。

◯◯さんが描いている自宅サロンに来てもらいたいお客様は、きっと「爪を大切にしたい」「ケアをちゃんとやって、その上でジェルネイルで見栄え良くしてもらいたい」「自宅サロンで他の人の目を気にせずゆったりと施術をしてもらいたい」といった方達だと思います。

それに必要な技術とは何だろう?そう考えた時に、私のお伝えしているスキンケアネイル技術を選んでくださったら、こんなに嬉しいことはありません。

それは、私も◯◯さんと同じように「お客様の体の一部である爪を大切にしたい」「持っている爪をより良い状態に導きながら、それをジェルで保護しながらおしゃれを楽しんでもらいたい」「他のサロンですぐ取れる、爪が傷んでいる方を救いたい」と考えて開発したからです。

今の検定で十分自宅サロンでやっていけます

それから、今3級と初級を持っていらっしゃるんですよね。

それで十分だと思います。自宅サロンを開業するベースはできています。

あとはいかに「自分の」お客様のためになるネイリストになる技術を身につけて、それをどんどん提供していくかだと思いますよ。

ネイリストは施術してこその職業です。

知識と技術があっても、施術しないことにはお客様を幸せにしてあげられません。

いらない遠回りをせずに、1日も早くお客様を施術できる状況を作る(自宅サロンですよね)ことを考えると良いと思いますよ。

長くなってしまいましたが、このメールを読んでいただいてまた聞きたいことなどありましたら、遠慮なくメッセージしてくださいね。

いつでもお待ちしています。

けい普通の顔

このように返事をさせていただきました。

まとめ

これから自宅サロンを開きたいと考えた時に、やっぱり新しいことをするので不安があると思うんです。

その不安を埋めるために、検定を全て取る必要はないと思っています。

お客様が欲しいものを提供するのがビジネスの基本です。

決してネイリストの肩書きを求めてネイルサロンに来るわけじゃないんですよね。

今あなたに必要なのは検定ですか?それともお客様を幸せにする技術ですか?

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう