スキンケアネイリスト養成講座の生徒さんから、質問をいただいたのでシェアします。

右の親指の爪が傷んでペラペラで、左と同じ長さにしたいけれど、長さ出しをしてジェルネイルを長持ちさせながら強度を保てるかという質問です。

何で長さ出しをすれば良いの?

まず、爪を育てながらジェルで保護するスキンケアネイル技術で可能です。

その時、長さ出しにアクリルは避けます。

それは、アクリルは深く傷を入れるため、さらにいまある爪を傷めるのと浮きやすいからです。

プレパレーションまで終わった後、ソフトジェルのベースを塗布します。

その上から、ソフトのビルダージェルで長さ出しをし、アートを施して固めのソフトのトップジェルで仕上げます。

その時、状況によっては長さ出しやトップにハードやセミハードを使うこともあります。(フィルインが適していると判断した場合)

爪を育てるケアをすること

爪が傷んでいる場合、その爪を元の状態に戻したいですよね。

これはジェルが乗らないんじゃないかというくらい、薄く傷んだ爪なら、なおさらジェルネイルで保護しながら爪を育てたいところです。

ジェルネイルが着いていない傷んだ爪は、日々の生活でさらにダメージを受けてしまう場合もあるので、私の技術を学んだ方には、そこをフォローできるようにお伝えしています。

まとめ

ジェルネイルは表面を綺麗に見せたり、保護するもの。

その下に爪を育てるケアをすることによって、爪そのものを元の良い状態にしたり、健やかな爪を保つ。

両方が連動することで、お客様のQOL(生活の質)を上げるお手伝いができます。

【ノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまう悩みを今すぐに解決する方法があります】

 

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を健やかに保つことを両立させた、特許出願中の技術です。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう