ネイリストの悩みのひとつに、商材によるアレルギーがあります。

私もアレルギーに悩まされ、最後はネイリスト検定受験をあきらめたひとりです。

アレルギー体質なのを忘れていました

私は子どもの頃からアトピー性皮膚炎や、皮膚科医に「水でも肌が荒れるから、本当は水すら触らないでほしいくらいです」といわれたくらい、肌が弱かったんです。

中学生くらいにはアトピー性皮膚炎はあまり出なくなりましたが、相変わらず肌は弱いままでした。

そんな自分の体質をすっかり忘れるくらい、ネイルにのめり込んで行った結果、ある時ひどい皮膚炎を発症しました。

皮膚炎初期の頃の写真があります

私の場合、ネイリスト検定1級受験の準備をしている時に発症しました。

原因はアクリルモノマーだったようで、何種類も商材を変えてみましたが一向に良くならず、どんどんひどくなりました。

アレルギーの指先の様子

これは、まだアレルギー症状初期の頃の写真です。

ただれた様子と、若干のひび割れが見えます。

これが進行して、親指から中指までの指全体に広がり、右手の小指横はアクリルモノマーを拭いたキッチンペーパーに触れて、同じようにただれていきました。

そうなることで、指先は痛くて、筆を持つことはできても施術中は結構痛みがありました。

生活の中でも、箸を持って動かすことは出来ず、フォークで食事をしていました。

あきらめたくないと続けたんです

この時はサロン勤務や自宅サロンもしていたので、お客様の前で手を出さなくてはなりません。

でも、この状態を見せるのに抵抗があり、絆創膏や指サックで隠していました。

アレルギーを絆創膏で隠した指先

そうすると、ただれた部分が蒸れて、絆創膏や指サックを外すと一気に乾燥してひび割れます。

痛みとかゆみの板挟みになっていきました。

まさに、悪循環です。

それでも、頑張ってきた最後の検定を諦めたくないと、無理に練習をしていました。

あきらめなければならない理由ができました

本当なら、初期の段階で諦めるべきでした。

練習を続けた結果、私は呼吸器系にまでアレルギーを発症してしまいました。

もともと咳喘息があったので、それが悪化したんです。

このままだと本格的な喘息になること、最悪呼吸困難になることを医師に警告されました。

さすがに命の危険を感じました。

死んでしまっては、お客様を綺麗にしたいと頑張ってきた意味がなくなるので、きっぱり諦めました。

筆の操作も痛みで鈍っていたので、決断をする時期だったのだと思います。

ネイリスト検定を取ることはお客様のためではなく、自分のため。

これからはお客様のために進もう、そう決めました。

それでも、最後のあがきでネイリスト検定1級を受験しましたが、ハンドモデルさんが検定1週間前に変更と私の力不足で不合格でしたが。

まとめ

いまだから思うことは、もっと早く決断するべきだったということです。

私の周りには、同じようにアレルギーを我慢した結果、ネイリストそのものを諦めなければならなかった人が、何人もいます。

悔しかったと思います。

どこで決断するかで、その後のネイリスト人生が大きく変わります。

いま同じようにアレルギーで悩んでいる方もいますよね。

いちばん大切にしたいことを守れるような決断をして下さいね。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう