1月にお客様へオススメするネイルデザインを、ハンドモデルさんに施術しました。

宝石ネイル全体

年末から流行っている、宝石ネイルを取り入れたデザインです。

他に、ストーン埋め尽くしはスワロフスキーのカット面が見えるように、ジェルで表面は覆っていません。

宝石ネイルのやり方

宝石ネイルのやり方は、さほど難しくありません。

宝石ネイル手元アップ

要は、ダイヤモンド型に切り抜いたフィルムを、トップジェルに乗せて硬化するだけです。

  1. ベースジェルからカラージェルまで仕上げる
  2. トップジェルを塗り、さらに中央あたりに少し多めにトップジェルを乗せ、そこにダイヤモンド型に切り抜いたフィルムを乗せる
  3. フィルムの下にジェルが行き渡るように軽く抑え、位置を確認したら硬化する
  4. フィルムを剥がして、未硬化ジェルを拭き取る

宝石ネイルを作る時のカラージェルは、シアー感があるほうが宝石らしくなります。

それから、トップジェルは硬めのものを選びましょう。

私はハードジェルを使いました。

ハードジェルは硬さだけではなく、輝きがあるのでより宝石らしいですね。

スワロフスキーはジェルで埋めない

せっかくの宝石ネイルなので、使うスワロフスキーもカット面がジェルで覆われないやり方で留めました。

宝石ネイル手元アップ他の画像

けい普通の顔

この方法で自分の爪にスワロフスキーを埋め尽くして実験しましたが、2週間経った今でも取れていません。

キラキラしていて、可愛いです。

まとめ

宝石ネイルのフィルムに折り目を付けたりすると、また雰囲気が変わります。

※縦半分や、十文字に折り目をつける

フィルムですが、カードゲームのカードを保管するフィルム状のスリーブがちょうど使いやすい固さでした。

けい普通の顔

フィルムに少しでも傷や折れ目がつくと、仕上がりに全部響くので気をつけて下さいね。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう