ネイリストが医療に近づきすぎていませんか【過去メルマガ2021/7/29】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
ネイリストは
美容業です。

決して医療従事者ではなく
あくまで
「ネイリスト」という
美容を生業としている
職業です。

でも、
最近ネイリストが
医療にかなり近いところまで
入り込んでいるように
思いませんか?

深爪、巻き爪、
中には病的な爪を
こんな風に
「緩和しました」
と発信しています。

緩和しましたと
言い方は変えていても
「治した」と同じで

ビフォーアフターの写真を
掲載している場合もあります。

※医療以外は
治る=治療してはいけません

医療行為以外で
「治った」ことを
ダイレクトに発信することは
日本ではできません。

そして
私たちネイリストは
あくまで美容業。

人を美しくすることで
お客様を幸せにする仕事です。

その美しさの中には
深爪を緩和したり
巻き爪を緩和することも
含まれてはくるでしょう。

でも、
あくまで美容の観点からなんです。

もし
色々なことをやろうとして
美容業から離れているように
感じているなら

いま一度
原点に立ち返って

ネイリストとは
何をする仕事なのか
考えてみませんか。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. そのお客様は必要としている?【過去メルマガ2022/1/25】

  2. 今年最初の講師会でした【過去メルマガ2022/1/20】

  3. こんな爪の状態が緩和されていきます【過去メルマガ2022/1/19】

  4. 爪のひどい状態が緩和されていくのはなぜ?【過去メルマガ2022/1/18】

  5. ジェルネイルのオフに時間がかかる人の共通点【過去メルマガ2022/1/17】

  6. 技術を教える先生になることをお勧めする3つの理由【過去メルマガ2022/1/15】

PAGE TOP