フォルム形成でのジェルの足し方【過去メルマガ2022/3/28】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
フォルム形成をするときに
足りないところに
ジェルを足すときに

爪の中央だけに
糸状のジェルを
足していませんか?

足し方には
色々ありますが、

中央部分に
縦に足すだけでは
表面張力で
広がってしまい

足しても足しても
無くなってしまうことが
あります。

その時は
中央部分に縦に足したら

その両脇にも
糸状に付け足すと
足してすぐに
無くなることを
防げます。

そのほか
凹みがひどいときは

ジェルを縦ではなく
横に足して

その足したジェルの
表面をさわりながら
縦に筆先をうごかしながら

横にスライドしていく
方法もあります。
※今度動画にしてみようかな・・・

足りないところに
どのくらいの量を
足したら良いのか、

その量はどのくらいなのか、

表面張力で
どのくらい
なじんでしまうのか・・・

それを
考慮しながら
フォルム形成してみてくださいね。

プロテケアネイル®は
ジェルで爪をプロテクトする方法なので

フォルム形成も
大切にしています。

技術講習の中で
学ぶことができますよ^^

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 自分の子供にそのジェルオフできますか?【過去メルマガ2022/10/5】

  2. 商材アレルギーがひどかったころの話【過去メルマガ2022/10/3】

  3. 商材でアレルギーが出てこうなりました【過去メルマガ2022/9/29】

  4. 新しいプロテケアネイル®認定講師が誕生しました【過去メルマガ2022/9/21】

  5. 9月の講師会では薬機法について考えました【過去メルマガ2022/9/21】

  6. ジェルオフ後の乾燥した爪、そのままでいいの?【過去メルマガ2022/9/15】

PAGE TOP