巻き爪緩和1か月半後の様子【過去メルマガ2022/10/20】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます。
2022年8月10日、銀座3丁目にプロテケアネイル®の旗艦サロンとなる「ネイルサロン&スクール フィオーレフィオーレ銀座」がオープン
先日アクリルのオフも
プロテケアネイル®の
ジェルオフで安心という
メルマガをお送りしました。
その写真、
1か月半前に
巻き爪緩和をした
お客様の写真です。
初回に来店されたときは
このような状態でした。

右足親指

左足親指

そして
1か月半後の
アクリルを除去したのが
こちらの写真です。

右足親指

左足親指

角度が違ってしまい
わかりにくいかもしれませんが、
1か月半でケアした写真は
爪の先端にかけて広がり、
幅も先細ではないのが
おわかりいただけると思います。
このように、
アクリルで巻き爪は
緩和ができますし、
緩和しながら
その爪の上に
アクリルで見栄えの良い爪を
作ってあげられるので、
緩和スタート時から
緩和した後のような
爪が手に入ります。
ネイリストならではの
施術ですね^^
ちなみに・・・
今回のような
ビフォーアフターの写真を
SNSや広告に使うと
法律違反になりますので
ご注意ください。
では
どうやって投稿したらいい??
それについては、
今回のメルマガの内容を
法律違反にならないように
投稿しますので
参考にしてみてくださいね。
どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ジェルを使わない自爪育成に限界を感じて・・・【過去メルマガ2022/11/29】

  2. 弱酸性のジェルに挫折したネイリストさん来てください【過去メルマガ2022/11/24】

  3. 銀座サロンの業務委託ネイリストさん募集します【過去メルマガ2022/11/21】

  4. ジェルすることがケアになる!次世代ネイルメソッド【過去メルマガ2022.11.20】

  5. プロテケアネイル®の自爪育成はなぜ結果が早くて持続するのか【過去メルマガ2022/11/10】

  6. どうしてホームケアでジェルが長持ちするの?【過去メルマガ2022/11/6】

PAGE TOP